2017年02月02日

「すみれ」が神奈川で食べれる幸せ@ラーメン郷

CAM00189.jpg

この日を心待ちにしていました。
今でこそ関東圏で純すみ系の店は増えてきましたが
神奈川に来た当初、美味い味噌ラーメンを出す店がなかなか見つからなくて
やきもきしたこともありました。

ついに、「すみれ」の暖簾わけの店が神奈川に登場すると聞いて
心が躍る思いで高座渋谷駅に向かいました。
到着すると待ちあり。地元のお客さんが7割くらいだが、ラーメンフリークっぽいかたも
ちらほら。きっと自分と似たような思いで来店されたのでしょう。

ほどなく席に案内される。
店の造り的に調理の工程が見えないのはちょっと残念。。
炎が中華鍋から立ち上がるあの光景もこの系統では楽しみの1つなだけに。
張り紙を見るに濃すぎる場合の割りスープの用意もあるようです。

しばしして、注文の品が登場。この日頼んだのは味噌チャーシュー。
味付け玉子はオープン記念のサービスとのことです。
具材はもやし、メンマ、ネギといった構成ですりおろした生姜の姿もある。
もちろん麺は森住製麺だ。

さっそくスープを一口。
ジュワっとラードの熱さが口に響く。ほどなくして
しっかり焼かれた味噌がスパイシーな風味をともなって
アタックを仕掛けてくる。かなり重みのあるスープだが生姜のすりおろしの
力添えで後口はスッキリ。

続いて麺。森住のコシの強い麺とこのてのスープとの相性はもはや説明不要。
一心不乱に麺とスープを貪り食ってしまう。細く切られたメンマも歯ごたえが
あってイイ。ここ数年の具材の進化を考えるとチャーシューは美味いが
ちょっと物足りなさを感じるかもしれない。

とは言うものの、同じ暖簾わけ店の「大島」や「彩未」がバランス重視な印象を
受ける反面、こちらはややスパイシーでパンチの効いたラーメンに仕上がっているように
感じました。

札幌味噌ラーメンが好きな方は遠征してでも食べる価値ありかと思います。
今後、すみれご飯とかもメニューに追加してくれると尚、嬉しいですね。

[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 21:23| Comment(0) | 大和市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

全盛期の六角家を求めて@てっぺん家

CAM00184.jpg

ラーメンを食べ歩くにあたっていくつかテーマをもって臨むことがあります。
そのうちの1つが全盛期の六角家の味を追い求めるということです。
当然自分は全盛期の味を知らないのですが、多くの方が絶賛していたその味を
一度味わってみたいと思うのは神奈川在住のラーメン好きとしては自然なことかと思います。

そこで今回訪れたのが元住吉にある「てっぺん家」です。
ここは創業者の方が六角家の店長を務めていたということもあり
そのDNAを感じれるのではないかと思ったからです。

夜営業に合わせて来店。
独特の獣臭がぷんと香ってくる。このての臭いは
六角家はじめ家系ラーメンの店ではちょいちょい感じます。

注文はノーマルなラーメンをほうれん草マシで。
調理の間店内を見渡すとお店自体はオープンから数年経っているはずなのに
清掃が行き届いている。酷いところだと調味料を入れるケースなどが散々に汚れていたり
ということがありますが、ここは全くそんなことはない。
テーブル席も完備しており、小さい子供用の絵本を置いている所など感心します。

ほどなくして注文の品が配膳。
ここはもやしとなるとも入ってるんですね。家系にしては珍しい。
早速スープを一口。タレは塩分の尖りを感じないタイプのもので
鶏油の甘みがじんわり広がる。動物出汁の濃度はほどほど。

麺はややひらべったいタイプのものでモチモチ感がいい。
特に固めコールはしなかったため、やややわめの提供だったが
麺の特性的にはちょうどいいかもしれません。
具材は特筆する部分はありませんでしたが、豚チャーシューは
とろみがあり修行先より美味かったです。

総じてバランスタイプの安心し食べれる豚骨醤油といった印象でした。
六角家のニュアンスは部分的に感じましたが今の六角家本店よりは
1,2段上のレベルにあるとは思います。
メニューも豊富で家も近いため再訪することもありそうです。

[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 20:42| Comment(0) | 川崎市中原区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

和風出汁香る無化調スープ@麺創 樹咲 kizaki

CAM00181.jpg

久しぶりの投稿。頻度は少ないですが新店を中心にのんびり更新していこうと思います。


実は最近引越しをしまして川崎市は中原区に住居を移しました。
この付近で行ってみたかった店の1つがこちら麺創 樹咲 kizakiさんです。
この日頼んだのは樹咲特そば。

カウンター席に座ったのですがスープを丼に注ぐ際に美味そうな昆布や魚介出汁の香りが
ふんわり鼻をくすぐってきました。たまらん。。
まもなくやってきた一杯はたまり醤油を使っていることもあってか黒っぽいスープ。
盛り付けもキレイです。

ではスープを一口。醤油ダレが香ばしくと甘みがじんわり広がっていき分厚い出汁がそれを支えます。
醤油ダレ自体の出来が素晴らしくそれを押し出しても美味いのかもしれないですが、出汁との調和を
考えてか意外と前には出てこない。

縮れのある三河屋製麺の麺とも相性はばっちりなのですが、とにかくスープがいい。
武蔵中原という土地柄故かノーマルなラーメンが750円と良心的なのも嬉しい。
先日食べた「ナルトもメンマもないけれど」も淡麗系の名店になりそうな香りがプンプンしましたが
こちらも勝らずとも劣らないクオリティ。

この近くにはずっと通っている「西国や」があり、悩ましい選択となりそうです。

[ここに地図が表示されます]


2016年03月27日

どっしり美味い長浜ラーメン@麺屋 まる星

まるぼ.jpg

久々のレビュー。
この日は仕事の合間にランチ。
実はここ以外の店を目当てに歩いていたのですが
たまたま店前を通りがかりなんとなく吸い込まれていった。

店のウリと思われる博多長浜ラーメン注文。
営業が始まったばかりだが次々とお客さんがやってくる。
自分自身けして博多ラーメンに精通しているわけではないのですが
スープを注ぐ際に一度熱した中華鍋に移してから注いでいたのが印象的。
九州系の店でそのような工程踏んでるとこは初めて見ました。

さて、注文の品が到着。では早速スープから。
思ってた以上にどっしりした豚骨スープとなっています。
臭みは少なく、飲みやすいがコクは十分。人によってはきもち油が重めに感じるかもですが
自分はちょうどいいバランスに思えました。

麺は歯切れのいい細麺でスープとの相性は抜群。
味玉とチャーシューも丁寧に作られた印象のもので美味しいです。
おまけにランチサービスで出てきた牛スジを使ったミニ丼もなかなかの
クオリティだったため、大満足で店を後にしました。

常連さんらしきかたが頼んでいたちゃんぽんも気になるところですし、
近くによる際には再訪したいところです。

東京都足立区綾瀬2-18-6
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 20:24| Comment(0) | 東京都足立区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

羽釜が生み出す濃厚スープ@麺家一族

かぞく.jpg


面白そうな新店ができたと聞いて来店。


壱六家出身の濃厚な豚骨醤油とのことで、大和の「ゆうちゃんラーメン」を思い出した訳ですがそちらのオープン当初、開店から早い時間はスープの濃度が足りてなかったのを思い出し、この日はあえて夕方に来店。流石にこの時間店内はすいている。


注文はラーメンの中。お好みも聞かれたが特になしで。キッチンには羽釜が鎮座しており、いかにも濃厚豚骨を出しそうな佇まいを見せている。そうこうしているうちに配膳。待望の一杯と対面した。海苔、ネギ、青菜、ウズラの卵、チャーシューといった構成で修行先を踏襲したビジュアルだが、スープの色みは似てもつかない。


ではさっそくスープから。
・・噂に違わぬ濃厚さですね。粘度はそこまでではなかったですが、豚骨の旨みが押し寄せてくる動物系の濃度がしっかりと味わえるスープ。臭みは少なく案外に飲みやすい。醤油ダレは尖りこそないもののしっかり効いておりスープに輪郭を与えています。


麺は家系らしい中太麺でやや柔めの仕上がり。壱六家出身というのと麺の食感からすると長多屋製麺でしょうかね。全然悪くないんですが、これだけストロング系なスープだとちょっと力不足かも。関内にある熱血らーめん in Yokohamaで使っているようなしっかりとした歯ごたえのある力強い麺と合わせたときどうなるのだろう、というのが気になるところ。具材に関してもあまり印象に残らなかったのでそこはブラッシュアップを期待したいです。


総じてドッシリした動物の旨みたっぷりの魅力的なラーメンでした。スープの完成度はかなり高かったので全体のバランスがもう少し整ってきたとき動物好きが昇天するレベルのラーメンになるのではないかとすら感じさせてくれました。


家系ラーメンを語る上で壱六家系は時に傍流と侮られがちですが近年、出身者が次々と魅力的なラーメンを生み出しているのが印象的です。いちラーメン好きとしてはこの流れは嬉しい限りで今後もラーメン業界を盛り上げてくれるのではないでしょうか。


また、近いうち訪れたいと思います。


神奈川県横浜市南区庚台22
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 18:33| Comment(0) | 横浜市南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

思い出深き三宮@丸高中華そば 神戸二宮店

まい.jpg

関西出張シリーズ第二弾。
兵庫県の三宮は1年ほど仕事の関係で暮らした思い出の地です。
JR三宮の駅を出て加納町の方面に向かう。
3丁目にある歩道橋に差し掛かる頃、イスズベカーリーのパンを焼く匂いが漂ってくる。
ああ、三宮に帰ってきたんだなあとしみじみ。


開店直後に訪れると、次から次へとお客さんが来てあっという間に8割程度の入りに。当時と同じ焼きめしセットを頼む。当然中華そばは大盛りで。早寿司もいただこうと思いましたが、なんと今は置いていないんですね・・残念。。

ほどなくして注文の品が配膳された。ではスープから。写真からはイメージしにくいが意外とサラっとした飲み口。醤油ダレはなんとも香ばしく、豚骨の旨みも十分。ただ、以前通ってたときと比べると粘度が控えめでしょうか。かなり時間空いてるので記憶曖昧ですが、もうちょっとクセのある一スープだったような気が。もちろんブレもあるのでしょうけど。


麺は中細のストレートでほどよい茹で具合。絡みは悪くありません。そして、写真見たらアレ?と思うかもしれませんがこのメニュー、肉増しオーダーはしていません。今回はしませんでしたがネギを増してネギラーメンにするのもお勧め。


もちろん美味いのですが、思い出補正が強すぎて客観的な見方のできない一杯、でした。三宮にいた1年間は社会人になって1番きつい時期だったのですが、あの時頑張れたことが今の財産になっている・・気がしないでもないのです。よって当時よく通ったここはなんともいえない思い出深い店なんです。


いつか、和歌山の本店で食べるのが夢です。

兵庫県神戸市中央区二宮町4-11-9 二宮ビル102
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 18:10| Comment(0) | 神戸市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感じ切れなかった老舗の実力@新福菜館 本店

あかあ.jpg

関西出張の機会を得たので待望の来店。
流石に人気店。昼時とあって20人程度の並びがあります。
それでも回転は悪くなくほどなくして入店。着席。ほどなくして注文した中華そばが到着した。


黒みがかった醤油の色合いに香ばしい香り。もうたまらんとばかりにスープからいただく。香りの通り、醤油ダレの効き具合がいい。あまじょっぱくクセになる味わいです。ただ、肝心の出汁がちょっと弱い印象を受けました。動物は鶏メインだと思いますがもう少し下支えがほしいところ。


麺は中細ストレートでボソボソした麺。元々がそういう麺な可能性もありますが、妙にコシと歯ごたえに欠ける印象。他の方のレビューを見るにそのような印象は受けなかったので、調理ミスでしょうかね。
具材においてはネギはこのスープにとてもあっており、チャーシューはなかなか好みでした。

総じて期待ハズレというのが正直な感想でした。環境的にあまり落ち着いて食べれないのも辛いところですし、あえて込み合う本店に来る必要はないのかなあ。横浜は関内に支店がオープンしているようなので近々、味を比べてみるのも面白いかな、と感じました。

京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 17:29| Comment(0) | 京都市下京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

魚粉がアクセントなとんこつ醤油@ラーメン六ちゃん

しばた.jpg

自宅に程近いところにできた新店に突撃。
この場所は「にのまえ」、「ともえ軒」、「味かね食堂」といずれも短命に終わっているテナントだったりします。果たして、今回は長続きするのでしょうか?


と、まあ新店ではありますがこちらの店、「柴田商店」と小さく表記がある。恐らく日吉にある店舗の支店なのでしょう。日吉の店で食べたときはなかなか好印象でしたが、あえて学生街を狙って出店をしているのでしょうね。


店前に行くと店内は一杯。ここ最近閉店する店が多かっただけに新店に興味津々なのでしょう。
ほどなくして入店。今回頼んだのは基本メニューの豚骨醤油。ライスも無料なのでお願いしました。麺が細麺なだけあってほとんど待たずに注文の品が登場。具財は海苔、チャーシュー、玉ねぎの刻み、きくらげに魚粉といった構成。ではさっそくスープから。


スープは濃厚、とまではいえないですが動物出汁はしっかり効いており醤油ダレも比較的主張のあるタイプでやや塩分を感じる類のもの。とんこつ醤油と謳っているだけあって、魚粉はあくまでアクセントといった感じ。魚粉に頼り切った魚介豚骨ではないのが好印象。


麺は歯切れの良い細麺でザクザクした食感が心地いい。スープとの絡みもいいですね。具材で目を引くのはチャーシュー。スモーキーでどこか吉村家直系でだされるタイプのチャーシューに近いものを感じます。この日は部位的な問題でやや出来は良くなかったですが、本店で初めて食べたときはちょっとした驚きでした。そして、このチャーシューは替え玉を頼んだ際にも刻んだものが一緒に出されるのが嬉しい。


総じて個性的ではありながらも、しっかりツボを抑えたコストパフォーマンスの高い一杯といった印象でした。ノーマルなラーメンにライス無料、替え玉をつけて700円でしっかりおなか一杯になるのが嬉しい。

既に味は予想がついていたので驚きこそなかったですが深夜営業をしていることも手伝い、なにかと重宝する店になりそうな予感がします。個人的にもちょいちょい利用しそう。

神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-14
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 19:56| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

玉ねぎたっぷりの新潟発ミソラーメン@味噌ラーメン 雪ぐに yukiguni

ミサ.jpg


味噌ラーメンがウリの新店が登場ということで泉区は中田に参上。
ブルーラインの「中田駅」から徒歩2,3分の場所にあるが大通りに面したテナントの裏手に店を構えているのでパッと見場所がわかりにくいかもしれません。


11時半頃に到着すると待ちアリの状況。寒い時期になりましたし味噌ラーメンが食べたいというのは自然の流れでしょう。ほどなくして着席。ミソラーメン大盛りの食券を渡し、ほどなくして待望の一杯が到着しました。


具材は大量の玉ねぎともやし、そしてひき肉。ちょっと殺風景な印象ですね。スープはやや白みがかった色をしています。ではさっそくスープから。なんとなく味はイメージしていたのですが、けっして味噌が前に出たタイプのものではありません。序盤はやや物足りなさを感じたのですが、スープを飲み進めるにつれて大量の玉ねぎから由来する甘みとニンニクのうまみで後押しされていき、不思議とレンゲが進むようになってきます。物足りないようであれば卓上のブラックペッパーを一振りすると味が引き立つのでオススメ。

麺は中細のやや縮れのある麺で製麺室があるようなので自家製麺なのでしょう。茹で加減はやや柔目でモッチリした食感のもの。へたれるのが早いタイプの麺だったので可能なのであれば硬め指定ができれば、と感じました。スープとの相性は悪くないと思いますが、製麺所のものと比べて強みはあまり感じれなかったのでブラッシュアップしてほしいポイントの1つですね。炒め野菜はなかなか美味しかったですが、具材は寂しい限りですね。


総じて食べ進めるにつれ美味しさがじんわり伝わってくるタイプの味噌ラーメンで印象としては悪くなかったのですが、800円のメニューでチャーシューすらないのはちょっと寂しい。この価格設定が近くの競合店「源泉」を意識したものなのか、修行先を踏襲したものなのかはわかりませんが、満足感を感じさせるにはもうちょっとパワーアップが必要かと思います。


自分は戸塚店でしか食べたことはないですが、近くの「源泉」も味噌ラーメンがイチオシメニューの1つなのでどちらのタイプの味噌がより支持を集めるのかも個人的に気になるところです。

神奈川県横浜市泉区中田南3-7-5 りんどう中田ビル
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 13:55| Comment(0) | 横浜市泉区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

魅惑の辛さと絶品唐揚げ@激辛拉麺 鷹の爪

たかん.jpg

19時過ぎに来店。
人気店のようで並びアリの状態でした。
注文は鷹の爪ラーメンを大盛りでトッピングにプチ唐揚げをつけてみた。


かなり回転は遅くしばしして着席、その後ラーメンが到着しました。
なかなかに野菜の盛りがいいですね。ではさっそくスープから。正直、ちょっと出汁もタレも弱めの印象。辛さは心地いいがあまりそれが活きていない印象・・・とか思ってたらこの辛さ、かなり後を引くからさで徐々に徐々にクセになってきます。個人的にはちょっと卓上のタレを足したほうが美味しくいただけましたね。


麺はカネジンの中太麺でちょうどいい茹で具合。力強くて美味い麺ですね。具材においてはもやしは正直あまりいらない。が、唐揚げはスパイスが効いていてめっちゃ美味い!麺と野菜少な目にしてメガ唐揚げという選択肢もアリだったかも・・。そして他の方が食べている揚げナスが超ウマソ。。揚げナス大好物な上にこのスープにとても合いそうだったので完全に選択ミスでした。


総じて人気店な理由がよくわかるクセになる辛さが印象的な一杯でした。ただ、ちょっと回転が悪すぎるので必然的に待ち時間が長くなるのは辛いところですね。ラーメンもいいけど、唐揚げ丼と揚げナスだけでも食べにいきたい気持ちになりました。

こうじグループだったのはなんか意外。


千葉県市川市行徳駅前1-21-13
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 23:50| Comment(0) | 千葉県市川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする