2015年05月31日

神奈川屈指の魚介豚骨@らーめん ひとふんばり

ひとふ.jpg

ここはレビューこそ初なのですがオープン以来足しげく通っています。この日たまたま関内に用事があったので来店。夜営業始まって間もない時間でしたが先客4名。結構ここは常連さんが多くついている印象があります。


ここはつけめんもラーメンもともに美味しいのですが個人的にはラーメン派。というわけでラーメンを大盛で注文。ほどなくして配膳がなされる。具材なんかについては割愛します。ではスープから。相変わらずの旨さです。やや豚骨優勢ながら豚骨、魚介ともに出汁の効きがしっかりしています。そこにほのかに甲殻類の風味。海老っぽいのですがこの甲殻類の風味がこのラーメンの味を1ランク上に押し上げているように思えます。またセルフサービスの水はレモン水となっており、飲むたびに口の中が洗い流され、最後の一滴までスッキリと食べれるのが嬉しい。


麺は中細の縮れ麺で表面はなめらか。しっかりコシと弾力が感じられる美味しい麺です。魚介豚骨でこういう麺合わせているとこ少ない気がしますけど、スープとの相性は非常に良いように感じます。具材においてはどれも安定して美味しい。特製にするのもオススメですね。あっというまにスープまで飲み干してしまいました。


ちなみにここのラーメンを食べて思い浮かぶのは和田町の「魁」です。スープの構成なんかに共通点が感じられるのだが、以前こちらの店主が魁でラーメン作りを学ばれた経験があるということを聞き納得。魁は麺が、こちらひとふんばりはよりスープが魅力的に感じるのだが、片方が好きならもう片方も好きになれると思います。


石川町から引っ越して以来行く頻度は減っていますが神奈川で一番長く通っている店になりつつあります。


神奈川県横浜市中区長者町4-9-6
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 04:03| Comment(0) | 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うどん県が生んだ極上ラーメン@讃岐ラーメン はまんど湘南

はまな.jpg

うどん県の有名ラーメン店が湘南にやってきたと聞いて訪問するのを楽しみにしていました。
ちょうど昼時につくと流石に並びがあった。しかし回転が早いのか15分程度で店内へ。
どのメニューもおいしそうですがまずは基本のはまんどを大盛で。


本店の店主が直接切り盛りしているだけあって店内のスタッフさん達もキビキビ動いておりなんとも美味いモノが出てきそうな雰囲気だ。ほどなくして配膳がなされた。具材はチャーシュー2枚にナルト、メンマ、海苔とシンプル。あえて前情報をあまり仕入れなかったのですが背油が乗るスタイルなんですね。


ではさっそくスープから。・・うどん県からの刺客とあってあくまでメインは麺、だとばかり思っていた。浅はかでした。スープ、めちゃくちゃ美味い!煮干が前にでてくるスープなのですが、下支えの動物は恐らく豚優勢の豚、鶏でもう、この出汁だけでおなかいっぱいになる。でも、醬油の風味も上品で味わい深くてたまらん。このての清湯に背油はどうなの?と思ったけど、いい組み合わせですね。。


麺は中太の平打麺でうどんに使われる小麦を使っているようだ。のどごし豊かで力強い美味い麺なんですが、この麺を冷水で締めて、ぶっかけうどん風にして食べるとすっごい美味いんだろうなあ、と妄想。この日は選べませんでしたがどうやら限定メニューもあるようなので、そういうの期待したいところですね。


ただ、このあまりにもハイレベルなスープと麺と比べるとチャーシューの貧弱さが凄い浮いている。噛み切るのが大変な固さで旨みにも乏しい。ジューシーな焼豚が乗ってたら間違いなく90オーバーの採点になっていたことでしょう。


今年も神奈川は熱いですね!

神奈川県藤沢市長後675-1
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 03:56| Comment(0) | 藤沢市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニマル感満載!@麺屋 庄太

しょた.jpg

この日は休みの予定だったが、面接を行うため急遽東海道線に乗り職場へ。
短時間で終ったのはいいが、せっかくここまで来てぱっと帰るのはもったいない。
・・そうだ、横須賀へ行こう。全然下調べもしないで大船で横須賀線に乗り換え。こういうのは勢いが大事です。


電車内で軽く調べるがいきたかった3店舗のうち「こうじ」、「大公」が定休日なことを知る。・・こういうのは勢いだけじゃだめらしいですね。さておき、3店舗のうちこの「庄太」は営業しているとのことで津久井浜に降り立つ。お店は駅から歩いて1分するかしないか。らぁ麺の大盛をセレクト。


ご主人はじめ、スタッフの方々のきびきびとした動きが印象的です。ほどなく配膳がなされました。具材云々に関しては割愛させていただきます。では早速実食!うおお・・動物スープの凝縮感がすごい!臭みとは違いますがワイルドさを感じ、やや醬油ダレは主張しているものの、しつこさはあまり感じられなくグイグイスープを飲んでしまう。九州っぽさと家系っぽい要素が両方あるなあ、と思ってたら横横家となんつッ亭で修行されてた方なんですね。納得。


麺は中太のストレート麺でモチモチした食感が特徴。力強さも備えており、このパワフルなスープによく合っています。この系統には珍しい穂先メンマもいい出来でトッピングにも隙がありませんね。やや塩分濃度の高さが後半気になったものの、あっというまにスープまで完飲。動物スープを前面に押し出したラーメンでは神奈川県屈指の存在であることを感じさせてくれました。


好み的にもドストライクでしたし、再訪せざるを得ませんね。。
遠いけど。。

神奈川県横須賀市津久井2-18-22
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 03:50| Comment(0) | 横須賀市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする