2015年06月30日

チェーンと侮ることなかれ!@ラーメン大桜東神奈川店

おうざ.jpg

最近なにかと熱い東神奈川駅付近。
いつも夜遅くまで賑わっているのがこの「大桜」です。
家系にありがちなスープの出来、時間帯による濃度の違いなどは結構激しいものの深夜帯でも安心して食べれる家系の店の1つです。

しかし、邪道といわれようが自分はここの店の「味噌」が好きだ。
「松壱家」なんかもそうですがマイルド系や壱系のスープには味噌がよく合うと思う。
味噌の甘みや、ほどよいしょっぱさが家系のスープとあいまってなんとも癖になる味わいをかもし出すのです。

どろっとしたとろみのあるスープに、もやし、コーン、めんま、焦がし葱などが浮かび、挽き肉が沈んでいる。ビジュアル的には札幌味噌ラーメン的なニュアンスを感じないでもない。そして、ちと調べたんですがこの焦がしネギを使っているのはこの東神奈川店だけなのかな?他の系列店ではこの黒い塊が浮かんでいる写真は見当たらなかったように思います。

ただ、この焦がしネギが実にイイ。味噌自体の風味はそんなに強くないのですが、焦がしネギのほろ苦い味わいがアクセントになってスープを中毒性のあるものへと変えている。で、こんなとろみのあるスープなわけですから太麺との絡みも非常にいい。そんな個性的なスープに負けないためには麺の固め指定があったほうがより美味しくいただけるかもしれません。

もちろんこの味噌ラーメンが美味しいのも元のスープがある程度しっかりしているからだと思います。
店舗数の多い家系チェーンの1つですが、使い勝手のよさもあり、各地で愛されている理由がなんとなくわかります。

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-7-10
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 22:45| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

最後の一滴まで美味しい坦々麺@あかくろたんたん

あかく.jpg

久しぶりの来店。フェイスブックで新しい塩ラーメンを試作中のようですが、まだメニューとしてお目見えはしていないようです。ホンビノス貝を佃煮にしたものを用いているとのことで登場したら是非試してみたいところ。


というわけでいつも通り赤たんたんの汁ありを大盛り、辛めでオーダー。こちらの店はエアコンが一台あるのですが、去年までは席によって死ぬほど暑かったのですが扇風機でエアコンの冷気を拡散するようになってかなり快適度が増した。そうこうしているうちに注文の品が届きました。


具材に関してはいまさらではありますので割愛しますがいつもは小松菜が入っているところ、青梗菜が入っているのは仕入れの問題だったのでしょうか。ではさっそくスープから。・・相変わらず美味い。。恐らく干し海老かなにかを使っているかと思うのですが、開店当初よりしっかり味が出ているような気がします。動物出汁が前にでてこないため「濃厚」とか「パンチ」がどうこうというのはあまり似合わない一杯ですがじんわりと、しっかり美味い。もちろんラー油の上質な辛さ、山椒の刺激的なシビレ感も健在です。


麺は中太のやや縮れた麺できもち柔めの仕上がり。プリプリ感が特徴的です。具材においては茶色っぽい四川の漬物とナッツが良いアクセント。青梗菜も悪くはないが小松菜と比べるとベストマッチとはいえないのが正直なところ。是非次食べるときはいい小松菜が仕入れられるといいですね。


ここで初めて食べるまでは坦々麺ってジャンクなイメージが強かったのですがスープまで美味しくいただけて食後ももたれない点などやはりこの界隈ではとてもお気に入りの店の1つであることを再確認しました。営業時間が短くなって行きにくくなりはしたものの、また近いうちに食べにいきたいと思います。

神奈川県横浜市神奈川区新町2-2 クリオ神奈川新町壱番館
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 20:33| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌と魚介のハーモニー@中華そば しんの助

しんなあ.jpg

先日reiさんのレビューを見てここの味噌が気になっていました。
思い立ったが吉日、ということでさっそく来訪。


味噌ラーメンはバター入りとチーズ入りの2種類がありとりあえずバター入りを選択。
ただ、ラーメンにバターのっけるのあまり好きじゃないのでとりあえず別皿提供できるか確認してみる。快く承諾。ありがたい。


ほどなくして配膳された味噌ラーメンは白髪ネギ、青ネギ、メンマ、海苔、チャーシューが載るスタイル。ではさっそくスープから。以前デフォのラーメンもいただいているがそれと同様に鰹を中心とした魚介出汁の効きがとてもいいです。もちろん豚骨もしっかり主張はしているもののやや魚介が優勢。味噌は酸味が少なくそこまで前には出てこない。ここの味噌ラーメンは出汁が下支えしているのではなく前面に押し出た出汁を味噌をアクセントに食わせる、という印象を受けた。


麺は中太の平打麺でややウェーブがかかったもの。モチモチ感が味わえ非常にスープとの絡みもよく美味しい麺です。そして恐らくバターを溶かすにあたっての清涼剤として白髪ネギがあるのかと思うが、シャキシャキ感とさっぱり感がイイ。そして忘れていたがここはチャーシューも魅力的なんでしたね。ホロリとしたロースのチャーシューは実に秀逸。正直肉増しにしておけばよかった。。


難点をいうとバターに賛否両論が出る、ことだろうか。別皿にしたのは好みの問題もあるが魚介出汁にバターってどうなんだろ、、と思った部分もある。味噌が前面に出たタイプのものやジャンク感をウリにするタイプのものだとバターはこのうえなく効果的に作用するかと思うが、ここの味噌はしっかりとした出汁感がありバター無しでも既に完成している。試しにちょっとバター溶かしてみると確かにコクは増すものの魚介の風味がぼやけてしまう印象をうけた。故にすぐサルベージ。


自分はかなり味噌スキーなタイプだが、魚介出汁がしっかりでた味噌で美味しいタイプのラーメンというのはあまり出会ったことがなかった。しかし、ここの味噌は魚介と味噌の可能性を示してくれたように思えます。神奈川、味噌は不毛だと思ってたけど探せば美味い店結構あるようなきがしてきました。


神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4807
[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 03:48| Comment(0) | 横浜市戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする