2015年12月30日

羽釜が生み出す濃厚スープ@麺家一族

かぞく.jpg


面白そうな新店ができたと聞いて来店。


壱六家出身の濃厚な豚骨醤油とのことで、大和の「ゆうちゃんラーメン」を思い出した訳ですがそちらのオープン当初、開店から早い時間はスープの濃度が足りてなかったのを思い出し、この日はあえて夕方に来店。流石にこの時間店内はすいている。


注文はラーメンの中。お好みも聞かれたが特になしで。キッチンには羽釜が鎮座しており、いかにも濃厚豚骨を出しそうな佇まいを見せている。そうこうしているうちに配膳。待望の一杯と対面した。海苔、ネギ、青菜、ウズラの卵、チャーシューといった構成で修行先を踏襲したビジュアルだが、スープの色みは似てもつかない。


ではさっそくスープから。
・・噂に違わぬ濃厚さですね。粘度はそこまでではなかったですが、豚骨の旨みが押し寄せてくる動物系の濃度がしっかりと味わえるスープ。臭みは少なく案外に飲みやすい。醤油ダレは尖りこそないもののしっかり効いておりスープに輪郭を与えています。


麺は家系らしい中太麺でやや柔めの仕上がり。壱六家出身というのと麺の食感からすると長多屋製麺でしょうかね。全然悪くないんですが、これだけストロング系なスープだとちょっと力不足かも。関内にある熱血らーめん in Yokohamaで使っているようなしっかりとした歯ごたえのある力強い麺と合わせたときどうなるのだろう、というのが気になるところ。具材に関してもあまり印象に残らなかったのでそこはブラッシュアップを期待したいです。


総じてドッシリした動物の旨みたっぷりの魅力的なラーメンでした。スープの完成度はかなり高かったので全体のバランスがもう少し整ってきたとき動物好きが昇天するレベルのラーメンになるのではないかとすら感じさせてくれました。


家系ラーメンを語る上で壱六家系は時に傍流と侮られがちですが近年、出身者が次々と魅力的なラーメンを生み出しているのが印象的です。いちラーメン好きとしてはこの流れは嬉しい限りで今後もラーメン業界を盛り上げてくれるのではないでしょうか。


また、近いうち訪れたいと思います。


神奈川県横浜市南区庚台22
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 18:33| Comment(0) | 横浜市南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

思い出深き三宮@丸高中華そば 神戸二宮店

まい.jpg

関西出張シリーズ第二弾。
兵庫県の三宮は1年ほど仕事の関係で暮らした思い出の地です。
JR三宮の駅を出て加納町の方面に向かう。
3丁目にある歩道橋に差し掛かる頃、イスズベカーリーのパンを焼く匂いが漂ってくる。
ああ、三宮に帰ってきたんだなあとしみじみ。


開店直後に訪れると、次から次へとお客さんが来てあっという間に8割程度の入りに。当時と同じ焼きめしセットを頼む。当然中華そばは大盛りで。早寿司もいただこうと思いましたが、なんと今は置いていないんですね・・残念。。

ほどなくして注文の品が配膳された。ではスープから。写真からはイメージしにくいが意外とサラっとした飲み口。醤油ダレはなんとも香ばしく、豚骨の旨みも十分。ただ、以前通ってたときと比べると粘度が控えめでしょうか。かなり時間空いてるので記憶曖昧ですが、もうちょっとクセのある一スープだったような気が。もちろんブレもあるのでしょうけど。


麺は中細のストレートでほどよい茹で具合。絡みは悪くありません。そして、写真見たらアレ?と思うかもしれませんがこのメニュー、肉増しオーダーはしていません。今回はしませんでしたがネギを増してネギラーメンにするのもお勧め。


もちろん美味いのですが、思い出補正が強すぎて客観的な見方のできない一杯、でした。三宮にいた1年間は社会人になって1番きつい時期だったのですが、あの時頑張れたことが今の財産になっている・・気がしないでもないのです。よって当時よく通ったここはなんともいえない思い出深い店なんです。


いつか、和歌山の本店で食べるのが夢です。

兵庫県神戸市中央区二宮町4-11-9 二宮ビル102
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 18:10| Comment(0) | 神戸市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感じ切れなかった老舗の実力@新福菜館 本店

あかあ.jpg

関西出張の機会を得たので待望の来店。
流石に人気店。昼時とあって20人程度の並びがあります。
それでも回転は悪くなくほどなくして入店。着席。ほどなくして注文した中華そばが到着した。


黒みがかった醤油の色合いに香ばしい香り。もうたまらんとばかりにスープからいただく。香りの通り、醤油ダレの効き具合がいい。あまじょっぱくクセになる味わいです。ただ、肝心の出汁がちょっと弱い印象を受けました。動物は鶏メインだと思いますがもう少し下支えがほしいところ。


麺は中細ストレートでボソボソした麺。元々がそういう麺な可能性もありますが、妙にコシと歯ごたえに欠ける印象。他の方のレビューを見るにそのような印象は受けなかったので、調理ミスでしょうかね。
具材においてはネギはこのスープにとてもあっており、チャーシューはなかなか好みでした。

総じて期待ハズレというのが正直な感想でした。環境的にあまり落ち着いて食べれないのも辛いところですし、あえて込み合う本店に来る必要はないのかなあ。横浜は関内に支店がオープンしているようなので近々、味を比べてみるのも面白いかな、と感じました。

京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 17:29| Comment(0) | 京都市下京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする