2015年05月11日

刺激的で魅力的な醤油ラーメン@麺処 秋もと

あきも.jpg

なにやら美味そうな新店が青葉区市ヶ尾にできたと聞いて訪問を計画。白楽からの電車での経路を調べるが乗り換えが多く、経路によっては片道500円くらいの交通費がかかる。時間も1時間くらいかかる。というわけで天気も良かったのでチャリで市ヶ尾に出発。途中アップダウンがきついところもあったが意外にも1時間かからないで到着。マウンテンバイクとか電動アシスト付の自転車ならあと10分以上は早く着くかも。


というわけで期待の新店に初来店。
昼時に訪れたので混んでいるかと思ったが意外とすいている。
注文は醤油ラーメンで。ほどなくして配膳。


具材は海苔、チャーシュー、水菜、紫玉ねぎ、青ネギといった具合。早速スープからいただきます。
刺激的。。そのフレーズがとてもしっくりくるスープです。ややオイリーなスープにキリっとした醤油ダレが合わさっており鰹などの魚介の風味が押し寄せる。ベースには鶏がしっかり鎮座しそれを受け止める。修行先と言われているムタヒロはつけめん博くらいでしか食べたことはないのでなんともいえないですがもう1つの修行先と言われる純連とは醤油ダレのパンチやオイリーさといった共通点はあるが印象としてはあまり似ていない感じ。


麺は三河屋製麺の平打ち麺で硬くも柔くもないちょうどいい茹で加減。麺肌のなめらかさやモチモチした食感がよくスープもよく拾ってくれる印象。美味い。具材においては紫玉ねぎがこの刺激的なスープのいい清涼剤になっています。また卓上に置かれている鰹節の塊(?)が入っている酢は味変アイテムとして大変優秀。ほのかな香りを添えるとともにスープにまろやかさを与えこのラーメンの違った顔を見せてくれます。


総じてとても刺激的で魅力的な一杯だったかと思います。神奈川では醤油がキリリと立った端麗スープはあまり見かけない気がするのですが、札幌系の醤油の強いラーメンを食べて育った自分としてはこの一杯はとてもどストライクでした。田園都市線沿線ということで神奈川中心部に住んでいるとややアクセスの悪いエリアではありますがこの一杯のためだけにここまでくる価値が十分あるかと思います。


この日はすいていましたがこのクオリティなら繁盛店になるのもそう遠くなさそうです。


神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル1階
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 15:01| Comment(3) | 横浜市青葉区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここの店主はくせものですぜー
まー客には愛想いいが
ラースクにあった店、なんだっけ、そこもクビ、純連クビ、ムタヒロクビ、クビクビクビーーーw知り合いが行ったみたいだが、純連で働いてたとか、ムタヒロで働いてたとか、クビなっといて、何言ってるんだボゲーww働いていた店のブランドはきちんと認められた奴が言えることだろうwwとおもうわけだが、ズレてる奴はこーいうとこもズレてるから、ラーメンもズレる。大人しくやれw
転送ワロタ
Posted by 純連客 at 2015年05月15日 04:23
麺処秋もと
店主DQNで刺激的で魅力的だワラ
純連とかムタヒロさんとか名前出すな。
Posted by 純連客 at 2015年05月15日 04:30
純連客さんコメントありがとうございます。

色々な経緯があったのでしょうが、出身店云々に関してはデリケートな部分もあるかと思いますので今後ブログを書く際の参考にさせていただきます。少なくとも私はとても美味しくいただけたので大満足でした。
Posted by anpeppe at 2015年05月15日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: