2015年12月20日

魚粉がアクセントなとんこつ醤油@ラーメン六ちゃん

しばた.jpg

自宅に程近いところにできた新店に突撃。
この場所は「にのまえ」、「ともえ軒」、「味かね食堂」といずれも短命に終わっているテナントだったりします。果たして、今回は長続きするのでしょうか?


と、まあ新店ではありますがこちらの店、「柴田商店」と小さく表記がある。恐らく日吉にある店舗の支店なのでしょう。日吉の店で食べたときはなかなか好印象でしたが、あえて学生街を狙って出店をしているのでしょうね。


店前に行くと店内は一杯。ここ最近閉店する店が多かっただけに新店に興味津々なのでしょう。
ほどなくして入店。今回頼んだのは基本メニューの豚骨醤油。ライスも無料なのでお願いしました。麺が細麺なだけあってほとんど待たずに注文の品が登場。具財は海苔、チャーシュー、玉ねぎの刻み、きくらげに魚粉といった構成。ではさっそくスープから。


スープは濃厚、とまではいえないですが動物出汁はしっかり効いており醤油ダレも比較的主張のあるタイプでやや塩分を感じる類のもの。とんこつ醤油と謳っているだけあって、魚粉はあくまでアクセントといった感じ。魚粉に頼り切った魚介豚骨ではないのが好印象。


麺は歯切れの良い細麺でザクザクした食感が心地いい。スープとの絡みもいいですね。具材で目を引くのはチャーシュー。スモーキーでどこか吉村家直系でだされるタイプのチャーシューに近いものを感じます。この日は部位的な問題でやや出来は良くなかったですが、本店で初めて食べたときはちょっとした驚きでした。そして、このチャーシューは替え玉を頼んだ際にも刻んだものが一緒に出されるのが嬉しい。


総じて個性的ではありながらも、しっかりツボを抑えたコストパフォーマンスの高い一杯といった印象でした。ノーマルなラーメンにライス無料、替え玉をつけて700円でしっかりおなか一杯になるのが嬉しい。

既に味は予想がついていたので驚きこそなかったですが深夜営業をしていることも手伝い、なにかと重宝する店になりそうな予感がします。個人的にもちょいちょい利用しそう。

神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-14
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 19:56| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。