2017年07月08日

甘みあふれる一杯@ぱどる

CAM00311 (1).jpg

以前住んでいた横浜市は神奈川区にもあった麺屋 黒琥元住吉店の跡地に新しいラーメン店が登場。
系統は徳島ラーメンのようです。
この系統は川崎や蒲田にもあるチェーン店の徳福くらいしか経験がなかったので開店を楽しみにしておりました。

RDBの営業時間には11時〜と書いてますがオープン日は17時からの営業。
その次の日も17時からの営業だったので店舗が落ち着くまでは営業時間が安定しないかもしれません。
開店して間もない時間の訪問でしたが、オープン記念でラーメンが500円だったこともあってか、
あっという間に店内は満席に。

ややあって、注文の品が提供される。
ネギ、もやし、メンマに加え、甘く味付けされた豚バラ肉が乗る。
セパレーターとともに生卵の姿も。


ではさっそくスープから。豚骨ベースの白湯スープに甘じょっぱいタレのコンビネーションが良い。
増しにした豚バラ肉の味わいもあってライスが欲しくなる取り合わせです。
歯ごたえのしっかりした細麺もスープにはよく合っています。


オペレーションを見ていると、やや味にムラができそうな印象を受けましたが
かなり強行日程でオープンした様子なので次期に落ち着いてくるかとは思います。
気になったのは生卵をとりわけるセパレーターと椀のサイズが合っていないこと。セパレーターがうまく
はまらなく、斜めになってしまうため、他のお客様が悪戦苦闘していたのが印象的でした。

動物スープの強度を高めることと、タレの濃度(やや濃い目が特徴でそう)が安定してくれば
系統としてはオンリーワンなだけに面白い存在になりそうです。
家からも近いので再訪します。

[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 00:57| Comment(0) | 川崎市中原区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。