2017年01月23日

全盛期の六角家を求めて@てっぺん家

CAM00184.jpg

ラーメンを食べ歩くにあたっていくつかテーマをもって臨むことがあります。
そのうちの1つが全盛期の六角家の味を追い求めるということです。
当然自分は全盛期の味を知らないのですが、多くの方が絶賛していたその味を
一度味わってみたいと思うのは神奈川在住のラーメン好きとしては自然なことかと思います。

そこで今回訪れたのが元住吉にある「てっぺん家」です。
ここは創業者の方が六角家の店長を務めていたということもあり
そのDNAを感じれるのではないかと思ったからです。

夜営業に合わせて来店。
独特の獣臭がぷんと香ってくる。このての臭いは
六角家はじめ家系ラーメンの店ではちょいちょい感じます。

注文はノーマルなラーメンをほうれん草マシで。
調理の間店内を見渡すとお店自体はオープンから数年経っているはずなのに
清掃が行き届いている。酷いところだと調味料を入れるケースなどが散々に汚れていたり
ということがありますが、ここは全くそんなことはない。
テーブル席も完備しており、小さい子供用の絵本を置いている所など感心します。

ほどなくして注文の品が配膳。
ここはもやしとなるとも入ってるんですね。家系にしては珍しい。
早速スープを一口。タレは塩分の尖りを感じないタイプのもので
鶏油の甘みがじんわり広がる。動物出汁の濃度はほどほど。

麺はややひらべったいタイプのものでモチモチ感がいい。
特に固めコールはしなかったため、やややわめの提供だったが
麺の特性的にはちょうどいいかもしれません。
具材は特筆する部分はありませんでしたが、豚チャーシューは
とろみがあり修行先より美味かったです。

総じてバランスタイプの安心し食べれる豚骨醤油といった印象でした。
六角家のニュアンスは部分的に感じましたが今の六角家本店よりは
1,2段上のレベルにあるとは思います。
メニューも豊富で家も近いため再訪することもありそうです。

[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 20:42| Comment(0) | 川崎市中原区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

和風出汁香る無化調スープ@麺創 樹咲 kizaki

CAM00181.jpg

久しぶりの投稿。頻度は少ないですが新店を中心にのんびり更新していこうと思います。


実は最近引越しをしまして川崎市は中原区に住居を移しました。
この付近で行ってみたかった店の1つがこちら麺創 樹咲 kizakiさんです。
この日頼んだのは樹咲特そば。

カウンター席に座ったのですがスープを丼に注ぐ際に美味そうな昆布や魚介出汁の香りが
ふんわり鼻をくすぐってきました。たまらん。。
まもなくやってきた一杯はたまり醤油を使っていることもあってか黒っぽいスープ。
盛り付けもキレイです。

ではスープを一口。醤油ダレが香ばしくと甘みがじんわり広がっていき分厚い出汁がそれを支えます。
醤油ダレ自体の出来が素晴らしくそれを押し出しても美味いのかもしれないですが、出汁との調和を
考えてか意外と前には出てこない。

縮れのある三河屋製麺の麺とも相性はばっちりなのですが、とにかくスープがいい。
武蔵中原という土地柄故かノーマルなラーメンが750円と良心的なのも嬉しい。
先日食べた「ナルトもメンマもないけれど」も淡麗系の名店になりそうな香りがプンプンしましたが
こちらも勝らずとも劣らないクオリティ。

この近くにはずっと通っている「西国や」があり、悩ましい選択となりそうです。

[ここに地図が表示されます]


2015年11月29日

垣間見えた「信条」@中華そば シンジョー

しんじょ.jpg

神奈川県は川崎市と東京立川市を結ぶ南武線沿線は個人的に今注目のエリアです。
恐らくこの2,3年前まではラーメン不毛の地であったはずなのですが、ここ数年有力ラーメン店の進出が相次いでおり、いつのまに神奈川のラーメンのトレンドを語るには欠かせないエリアになりつつあるように感じます。

そんな中、また1つ新星が現れました。
本来は武蔵新城駅から歩いて5分程度の立地なのですが、定期訪問している「西國や」からさほど距離がないため、極上の尾道ラーメンを食べたのちあるいてこちらに訪問。
昼時ということもあるが、なんと5人ほどの並びがありました。


けっして回転は良くないため、ややあって入店。ノーマルな中華そばを注文します。
待っている間、ふと厨房を見ると「白たまり醤油」なるボトルを発見。調べたところ、たまり醤油は通常原料に大豆ばかりを使い仕上げるものですが、この白たまり醤油は大豆不使用で小麦麹を通常の2倍使って仕上げたもののよう。こいつは食べるものが楽しみです。

ほどなくして待望の一杯が到着。スープには油の膜が浮き上がっており、具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、カイワレ。白醤油のボトルがおいてあったことから白っぽいビジュアルを予想したが予想に反して黒みがかった色となっています。醤油をブレンドしているのか、あるいは白醤油は塩ラーメンのほうに主に使われているのでしょうか。では早速スープを一口。


醤油ダレの香ばしさが凄い。。その香ばしさが先に立ち、そこから甘みと酸味をまといながら抜けていく印象で、単なるあっさりの中華そばとは趣きの異なるものであることを如実に示しています。出汁は鶏と魚介とのことですが、動物出汁の下支えも十分で煮干がふんわり香る効き具合も心憎いばかり。


麺はストレートの細麺で風味、咀嚼感に優れたもの。食券器に大盛りの名前が無かったことからヘタレるのが早いタイプの麺なのでしょう。醤油ダレだけでなく麺にもこだわりを感じさせます。具材ではほどよくやわらかく仕上げられたチャーシューが美味しかったですね。


総じてオープンして間もないながら非常に完成度の高い魅力的な一杯でした。あくまで予想ですが店名である「シンジョー」は主に武蔵新城の「新城」を意味する部分が強いのでしょうが、こちらの店のラーメン作りにおける「信条」ともかけているのではないでしょうか。一見シンプルですがとてもこだわりの詰まったラーメンでした。

今年は神奈川のラーメンにおいて淡麗系の当たり年だと思っています。藤沢の「鴇」や茅ヶ崎の「daikuma」、西横浜の「麺s慶」、市ヶ尾の「麺処 秋もと」、南区の「ロ麺ズ」など言わずと知れた話題店が思い浮かびますが、先日食べた「麺屋M」とこちらもそれらの話題店に続きそうな印象を受けました。

南武線沿線、やはり激アツですね。

神奈川県川崎市中原区上新城2-1-27
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 19:55| Comment(0) | 川崎市中原区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする