2015年12月06日

アニマル好き垂涎の一杯@熱血らーめん in Yokohama

ねっけ.jpg

この日は関内エリアでラーメン食べ歩き。
ここ2,3年でこのエリアは随分魅力的な店が増えましたね。中でもこちらは鹿島田で食べて以来、大ファンになってしました。なんでも相模原時代に出していた超濃厚な豚骨が限定メニューで復活したとのことで駆けつけた次第です。

昼時にいきましたが前客は3.ここの店のクオリティなら並びが出ていても不思議ではないと思うのですがまだそこまで認知度が高くないのでしょうか。注文はもちろん前述の限定を選択。今回注文した超濃厚A級豚骨は現在土日のみの提供とのことですのでご留意いただければと思います。


さて、ほどなくして登場したラーメンはもうやるせないほどドッロドロである。具材はメンマ、ネギ、チャーシュー2枚に海苔といった構成。ではさっそくスープをいただきます。しつこいようですがドッロドロである。動物系の旨みをこれでもかというほど詰め込んでおり、醤油ダレの香ばしさも非常に魅力的。ぱっと見た感じもっとギトギトしてもたれる感じなのかと思っていましたが、思った以上にグイグイ飲めるスープです。


麺はおなじみの中太麺で相変わらずコシの強さがものすごい。このスープに合わせるにはそんじょそこらの麺では太刀打ちできないと思うのですが、ストロングなスープに一歩も引かない様相を見せます。連食だったので肉増しは控えましたが相変わらずチャーシューも美味い。終日無料のライスをいただいたのですが、ラーメン→ライス→ラーメン→ライスのコンボがたまらなくいいですね。


総じてアニマル好きは泣いて喜ぶ一杯に間違いないです。この日はどちらかというとスープが上品な仕上がりだったようですが、これ以上ワイルドになると人を選ぶようになるので自分にはこの日のバランスがちょうどよかったかもしれません。デフォの中華そばも死ぬほど好きなのでこれはメニューの選択がより難しくなってしまいましたね。


激戦区関内においてもこの店の存在感、クオリティの高さは揺るぎそうにありません。

神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-129
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 21:43| Comment(0) | 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

魚100%のじんわりスープ@麺屋M

M.jpg

関内エリアといえば近年ラーメン激戦区といえる場所の1つです。
そんな中に新店が登場したと聞いて思わず訪問。


注文は玉子ラーメン。
関内という土地柄なのか向かいのサスケがデフォで800円ということからなのか
こちらもノーマルなラーメンで750円ときもち高めの価格設定。席につきほどなくしてラーメンが到着しました。


チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、味付き玉子といった構成で魚介が香る清湯スープとなっております。では早速スープから。じんわり、しかししっかりと美味しいアゴダシの効いたスープでレンゲが進むみます。油分が少なくとてもすっきりした口あたりが印象的ですね。たまたまご主人が他のお客様に説明していたのが聞こえたのですが魚100%のスープの模様。化調も不使用、あるいは使っていても控えめかと思われます。


そして自家製麺を謳う麺がイイ。かみ締めると甘みが広がる風味豊かな中細縮れ麺ですすり心地、咀嚼感ともに魅力的。具材ではチャーシュー、メンマともにスープの味に合わせて味付けは控えめながら美味しい。あっという間にスープまで飲み干してしまいました。


総じて中毒性にはやや欠けるものの1つ1つ丁寧に作られた淡麗好きにはたまらない一杯でした。
デフォのメニューでアニマルオフなスープは神奈川では港南台の海居人や北茅ヶ崎のDAIKUMAでくらいしか食べたことが無いですが、難易度は高いながら挑戦しがいのあるジャンルかと思います。


関内はどちらかといえばガッツリ系の店が多い印象ですのでどういった反応があるか注目です。
神奈川県横浜市中区曙町4丁目45
[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 19:06| Comment(0) | 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

二郎と双璧の最強チェーン@天下一品関内店

てんい.jpg

最近ちょいちょい関内エリアで仕事があります。
本来ならばラーメンの選択肢も広い場所なのですがこの日は仕事が終わったのが0時過ぎたころ。
流石に直帰しようと駅に向うと次の電車の蒲田行きまで待ち時間が20分以上ある。あれ、これラーメン食いにいけるんじゃね・・?
僥倖・・・っ!!なんという僥倖・・っ!!!


というわけで明日が休みだったこともあり天下一品関内店にやって参りました。神奈川では大船店、川崎店、こちらで食べたことあるんですが、その3つの中では一番ここが美味い気がする。そもそもセントラルキッチンなのに、なんでそんな違いが生まれるのかよくわかんないですけど、妙に天一って店舗ごとにブレがあるんですよね。


頼んだのはもちろんこってりの大。そしてもちろんニンニク薬味も持ってきてもらいます。調理待ちが他に無かったためか光の如き早さで配膳がなされました。まずはニンニクを入れないでスープだけ。うん、やっぱこのスープ好きですわ。。ただ、ニンニク薬味を入れてこそその真価を発揮できるというもの。二郎などではニンニクの量は控えめで食べるのですがこちらではアグレッシブにニンニク薬味を投入します。究極完全体になった天一のスープはやはり美味い。


麺に関してはこの系列の割りに硬めな仕上がり。なんかデフォでやわめに仕上がる店が多い印象なのですがこの日はたまたまだったのでしょうか。粘度の高いスープによく絡むのはいつも通りでした。チャーシューは特筆すべきものはありませんが、これぞ天一って感じですね。結構腹が減っていたので豚キムチも頼んでおけばよかったとちょっと後悔しました。


石川町に住んでいたころは週一くらいで来てた時期もあったのですが、引っ越してなかなかこれなくなったのは残念なところ。でも、関内きて遅い時間になったら不思議とここに来たくなるのはその魔力故でしょうか。


十分美味しくいただけたのですが、やはり自分がこころから美味しいと思って食べていたのは仙台の天一なんですよね・・。仙台の天一は熊本の有名店「こむらさき」からも暖簾をわけてもらっていて、とても独自色が強かったのが印象的でした。ある店では土鍋を使ったラーメンを出していたり、ある店では味噌があったりだとか。しかもスープの濃度、粘度も関東にある店のものとは段違いだったように思えます。


いつか本店にいって食べるのが夢だったりします。。

神奈川県横浜市中区尾上町3丁目45番地 尾上町共同ビル1F
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 01:55| Comment(0) | 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする