2015年05月16日

気分は夢見心地に@海居人

かいお.jpg

昼過ぎに港南台を発つ予定でしたがアクシデントで滞在が延び時刻は夕方に。となるとこちらに寄らずして帰ることはできません。


開店直後に入店し干し海老塩らぁめんを注文。らーめんを待つ間は串揚げの盛り合わせをいただく。この5種類の串揚げ、どれも美味いのですが恐らく旬を迎えているであろう夏野菜アスパラガスと鶉の卵が特にドストライク。ラーメン目的じゃなければ追加で同じものオーダーしたかったくらい。


それはさておき、ラーメンが登場!合いかわらず美しいビジュアル。古典的な表現ですが「たおやか」という形容詞がよく似合う気がします。それではさっそくスープを。・・五臓六腑に染み渡るなんとも味わい深いスープです。椎茸、昆布などの和出汁がベースとしてあり、そこに煮干しなどの魚介が加わり、帆立の旨みも存分に感じるこのスープはアニマルオフとは思えない味の豊かさを感じさせます。またそのままのスープも美味しいのですがフレークをスープに溶け込ませると海老の香味が加わり力強さをも感じるように。


麺はパツパツのしなやかな麺でこちらもやはり美味い。具材においてもスープを邪魔しない範疇の中でとても美味しくいただけるものばかりで、スルっとスープまで完飲してしまいました。こちらのラーメンは出汁の美味さがとても魅力的だと感じていますので、タレ自体がそれなりに主張のある醤油ベースよりも出汁の良さがより感じれる塩ベースのほうがより美味しくいただける印象を受けました。


最高の一杯をいただき夢見心地で岐路につきました。


神奈川県横浜市港南区港南台4-3-1 ビーバービル1F
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 02:48| Comment(0) | 横浜市港南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンクスを破れるか?@らーめん 白虎

シロト.jpg

この日は電車で港南台へ。


ラーメン店に限らず、そこのテナントに出店するとやたら短命に終わるという場所が各地にあったりします。今回おとずれた「らーめん白虎」はそんな経緯のあるテナントに出店したわけですが、恐らくこのテナントここ2,3年で2,3回店が入れ替わってたはず。


しかしRDBにおいて尼茶さんやmasaさんの高評価レビューがあり今回の店は期待大。
注文は白湯醤油を選択。先客が1人だったためほどなくして配膳。炙ったチャーシューのかぐわしい香りがなんとも食欲をそそります。ではいただきます!スープはややトロみのある白湯スープで鶏も豚も使われているようです。濃度はなかなかだが、油などによる重さを感じないためスープがとても進みます。


麺は中細の縮れ麺でしっかりとしたコシを感じるタイプのもの。ぱっと見札幌系の卵麺にも見えなくもないがあそこまでのゴム感はなく、モチモチした食感も備えている。この麺は好きですね。。トロみのあるスープとの絡みも抜群でした。具材においてはチャーシューはしっかりしたタレの味とほどよい焼き加減でなかなか魅力的でした。白キクラゲはラーメンに入っているのは初めて見た気がしますが黒キクラゲと比べより淡白でさっぱりしている印象で栄養素的にも食物繊維やカルシウム、亜鉛などが豊富で美容に良いとされていますね。


先人の方々のレビューどおりなかなかにハイレベルな一杯でした。微妙に駅から距離がありますがこの界隈に来た際には選択肢にあがってくる店の1つになりそうです。次回は清湯系メニューにチャレンジしたいところです。短命テナントのジンクスを打ち破る実力は十二分にありそうですね。


神奈川県横浜市港南区日野9-5-7
[ここに地図が表示されます]



posted by anpeppe at 02:01| Comment(0) | 横浜市港南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする