2015年06月13日

辺鄙な場所に純すみ系が!@麺屋和光

わこつ.jpg

自転車で遠出シリーズの2軒目はこちらの「和光」です。
交通機関使っていくとすっごいアクセス悪い場所にあるとおもうんですが、自転車だと関係ない。
杉田家を出て10分ほどでたどりつきました。


札幌味噌を謳っているので、もちろん頼んだのは味噌ラーメン。
調理を見守ります。おなじみの鉄鍋が登場し味噌を焼いていく。なんとな〜く純すみ系の某店で見た手順と似ている気がします。ただ、そこまで激しく鍋をあおる動きはなかったのと、途中ですりおろした生姜を投入してたのが印象的でした。


さて、到着したラーメンのスープを一口。おお。純すみ系のスープだ。
味噌をしっかり焼ききれていない生焼けのスープは生特有の優しい味がするのですがこのスープにはほぼそれが無い。しっかりとした味噌のコクがひきだされていて実に攻撃的な美味しさがあります。
ラードはまあそこそこ使ってますが、純連と比べると全然少ないほうかと。アレは油断してると確実に舌の皮がむけますからね・・


具材はしっかりといためられたモヤシとあまり火が通っていないタマネギ。恐らく食感をよくするためにあえて火をしっかり通してないのかも?シャキシャキした食感が濃〜いスープの清涼剤になっていると思います。相当ハイレベルな味噌ラーメンなわけですが・・。


これスープがよくできているだけに麺が負けてるような。。
もちろん西山製麺の縮れ麺は味噌ラーメンによく合う麺ではあるんですが、地元札幌のラーメン店ではあんまり人気のないのも事実。ここまでしっかりした純すみインスパイアなら、森住の麺とか使えば1ランク上のラーメンになると思うんですがね。


ただ、それでもかなり美味い札幌味噌でした。
もうちょい交通アクセスがよければ・・・・・・

神奈川県横浜市磯子区上中里町854-1リバーサイド杉山1F
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 00:34| Comment(0) | 横浜市磯子区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

万人向けJ系ラーメン@赤ひげラーメン

あかひ.jpg

当初は二郎湘南店にいく予定でした。
ただ、RDBの営業時間を見ると営業しているのかよくわかりませんでした。
こういうときは実際にいってみるのが一番!
アントニオ猪木さんも 迷わず行けよ 行けばわかるさ って言ってたし。。
・・まあ、、やってなかったんですけどね。。。


というわけで予定変更して新杉田のこちら「赤ひげらーめん」にやって参りました!
けっして二郎系が得意ではない自分ですがこちらのラーメンなら美味しくいただけるのではないかという予感があったからです。注文はラーメンをニンニク、野菜少な目で。昼時を外しており前客1人だったこともありほどなくして配膳。野菜少な目オーダーと肉が二郎系とは異なるロースのチャーシューなこともありコンパクトなフォルムですね。


ではスープをば。それなりに油が浮かんでいますが臭みや重さを感じないスッキリ飲めるスープですね。ただ、カエシはしっかり効いており甘じょっぱい味わいがクセになります。これにニンニクが加わることによりこの系統特有の中毒性をある程度補完してくれています。


麺は中太のやや角ばったモチモチ感が楽しめる麺でやや硬めの仕上がり。本家のうどんっぽいごわごわ系の麺も嫌いではないですが、自分はこういう麺のほうが好きかも。チャーシューは他の方のレビューにもある通り非常に出来がいい。ただ、二郎系のゴロっとした肉の塊を食らう感覚は唯一無二のものなので、豚が恋しくなってしまった。。野菜はくったりしており、こちらはやや食感が悪いかも。


ただ、このラーメンが素晴らしいのは食べてる間もスルっと美味しく食べれることに加え、食後全然もたれなかった点かと思います。直系二郎やガチ系なインスパ店では食べてる間はいいのですが経験上食後にかならず胃もたれと妙な罪悪感が襲ってきます。


この店が家の近くにあったらきっと通ってしまうことでしょう。


神奈川県横浜市磯子区中原2-3-33
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 11:12| Comment(0) | 横浜市磯子区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする