2015年05月24日

直系随一のストロングなスープ@横横家

よっこ.jpg

とある休日。最高に美味しい家系ラーメンが食べたくなった。末廣家ととらきち家は徒歩5分、総本山はチャリで30分くらいで到着する。が、しかしこの日は京急に飛び乗り金沢八景を目指したのでした。


もちろん狙いはこの「横横家」です。この日は祝日だったとはいえ15時過ぎという普通の店であればアイドルタイムに違いありません。しかし、さすが金沢区の雄。8人待ちという状況に接続しました。とはいえ、回転はそれなりに早いためほどなくして着席注文の品が届けられました。頼んだのはチャーシューメンを中盛で。


この日はカエシのキレの良さを味わいたかったので、濃い目でのオーダーをしたのですが、もう既に見た目から濃いい感じが伝わってきます。ではさっそくスープを。許容範囲ギリギリのしょっぱさ、塩からさです。これが魅力として感じられるのはベースの動物スープの濃度故。末廣家が超バランス系の上品な豚骨醬油だとしたら、こちら横横家のスープは不協和音ギリギリの危うさをはらんだワイルド系豚骨醬油といった印象。この2店は同じ直系ながら方向性は全然似ていない印象ですがどちらも同じくらい魅力的ですね。


麺とスープの相性はどはもはや説明不要。具材においてはしょっぱさと塩からさ故にほうれん草増しにしておけばよかったと後悔したのと、チャーシューが美味しいながらも厚みが薄く歯ごたえを感じれなかったのがやや不満だったくらいでしょうか。初期の末廣家でもレビューで触れましたが、直系のチャーシューの魅力の1つはそのスモーキーな風味以上にミチミチとした噛み応え、弾力がたまらないと思っています。このチャーシューの厚みなどその弾力が感じにくいのが残念。枚数が減ってもいいので厚みを増したほうがより美味しくいただけるかと。


とはいったものの、近所の家系の名店を振り切ってまで遠出してよかったと思える一杯でした。自分が初めて家系でめちゃくちゃ好きだと思った店は初期の「九ツ家」だったのですが、当時の店長さんの出身店であるこちらにはなにか特別な思いいれを感じてしまうのかもしれません。いつか仙台の横横家でも食べてみたいものです。

神奈川県横浜市金沢区六浦1-12-17
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 01:48| Comment(0) | 横浜市金沢区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする