2015年06月25日

味噌と魚介のハーモニー@中華そば しんの助

しんなあ.jpg

先日reiさんのレビューを見てここの味噌が気になっていました。
思い立ったが吉日、ということでさっそく来訪。


味噌ラーメンはバター入りとチーズ入りの2種類がありとりあえずバター入りを選択。
ただ、ラーメンにバターのっけるのあまり好きじゃないのでとりあえず別皿提供できるか確認してみる。快く承諾。ありがたい。


ほどなくして配膳された味噌ラーメンは白髪ネギ、青ネギ、メンマ、海苔、チャーシューが載るスタイル。ではさっそくスープから。以前デフォのラーメンもいただいているがそれと同様に鰹を中心とした魚介出汁の効きがとてもいいです。もちろん豚骨もしっかり主張はしているもののやや魚介が優勢。味噌は酸味が少なくそこまで前には出てこない。ここの味噌ラーメンは出汁が下支えしているのではなく前面に押し出た出汁を味噌をアクセントに食わせる、という印象を受けた。


麺は中太の平打麺でややウェーブがかかったもの。モチモチ感が味わえ非常にスープとの絡みもよく美味しい麺です。そして恐らくバターを溶かすにあたっての清涼剤として白髪ネギがあるのかと思うが、シャキシャキ感とさっぱり感がイイ。そして忘れていたがここはチャーシューも魅力的なんでしたね。ホロリとしたロースのチャーシューは実に秀逸。正直肉増しにしておけばよかった。。


難点をいうとバターに賛否両論が出る、ことだろうか。別皿にしたのは好みの問題もあるが魚介出汁にバターってどうなんだろ、、と思った部分もある。味噌が前面に出たタイプのものやジャンク感をウリにするタイプのものだとバターはこのうえなく効果的に作用するかと思うが、ここの味噌はしっかりとした出汁感がありバター無しでも既に完成している。試しにちょっとバター溶かしてみると確かにコクは増すものの魚介の風味がぼやけてしまう印象をうけた。故にすぐサルベージ。


自分はかなり味噌スキーなタイプだが、魚介出汁がしっかりでた味噌で美味しいタイプのラーメンというのはあまり出会ったことがなかった。しかし、ここの味噌は魚介と味噌の可能性を示してくれたように思えます。神奈川、味噌は不毛だと思ってたけど探せば美味い店結構あるようなきがしてきました。


神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4807
[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 03:48| Comment(0) | 横浜市戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

茸と筍が織り成すノスタルジー@らあめん藤浪

ふじなみ.jpg

戸塚にできた新店に行って参りました。こちらなかなかハードルが高く最寄駅である戸塚駅からは2キロメートル以上あり土日休みの上営業時間は11:30〜13:30となかなかに短い。でも逆にそういうのそそりますよね。自転車で行くか戸塚から歩きで行くか迷ったのですがこの日は後者を選択。散歩も好きなので苦ではなかったのですが、これからの時期はちょっと暑さにやられそう。


店内に入ると蕎麦屋さんを居抜きで使ってる感じでカウンター席がなくテーブル席と座敷の席のみ。なんか落ち着く雰囲気です。とりあえず正油ラーメンを選択。ほどなく配膳となりました。具材は海苔、玉ねぎ、青菜、キノコ、筍、チャーシュー。ではさっそくスープから。


ややオイリーなスープは醤油ダレは控えめでまろやかなタイプ。塩分も低めで濃いいラーメン食べなれてると薄味に感じるかもしれません。ベースは恐らく豚かと思いますが、それよりも元々の出汁なのか具の影響なのかキノコやタケノコの風味がスープに入り交ざって煮物を食べてるような感覚になる。あんまり食べたことのないタイプのラーメンですが面白いですね、これ。


麺は中細の縮れ麺でプリプリした食感のもの。茹で加減はちょうどいい感じ。他のお客さんの食べていた普通盛りのものと比べてずいぶん麺の量が多いように思えました。具材は筍は味はほとんどついていなく素材を楽しむタイプのもの。噛みやすいように切れ込みが入っており丁寧な仕事が伺えます。キノコはスープがしみこんでおり美味い。チャーシューも驚きこそないものの肉厚で噛み応えがありなかなか。


総じてどこか懐かしさを感じるじんわり美味しい一杯でした。店内の雰囲気も落ち着きますし、地元の方々に愛されそうな雰囲気をとても感じました。


神奈川県横浜市戸塚区上矢部町213-10
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 15:02| Comment(0) | 横浜市戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

淡麗の極み@支那そばや本店

しなそばや.jpg


関東に移り住んで初めて淡麗系のラーメンの美味しさを教えてくれたのがこの「支那そばや」でした。
最初に食べたのはラーメン博物館にある店舗で、現「星印」のご主人が店長をやっていた時期かと思います。

麺とスープが両方美味しいラーメン屋は数多いですがチャーシューもメンマも、そしてネギや海苔まで美味しいと思えたラーメン屋は初めてでした。元々「支那そばや」は藤沢で営業を始めたとのことですが、今現在もあの界隈に美味しい淡麗系のラーメンを出す店が多くあるのは恐らくこの支那そばや、そして同じく当時藤沢にあった「めじろ」の影響が強いのかなあ、とか思います。

さて、本店にくるのは久しぶりですが基本の醤油らあめんを大盛でチョイス。
一時期は限定もほとんど食べつくすくらいはまった時期もありましたが、やっぱり僕はここの醤油が大好きです。配膳される直前に携帯のカメラを準備。5秒足らずで撮影を終える。

ここの細麺はのどごしがよく最高に美味いのだが、麺がへたるのが早い。無駄に撮影に時間をかけてはベストな味を楽しむことはできないかと思います。スープを一口。やっぱ美味いなあ。。
醤油ダレは味わい深くも丸みがあり出汁の良さを殺さない絶妙なバランス。鶏ガラ、昆布、魚介などの味がしっかり煮だされたスープは飲み干さないことが罪に思えるほど。

脂身の部分がすっと溶けていくチャーシュー、やわらかく煮てあるもののほどよい噛み応えを残すメンマ、口の中にふんわり磯の香りを残して消えていく海苔など、美味しくない部分を探すのが難しいくらいです。流石に最初食べたときの感動はもうありませんが、食後にやってくる幸せな余韻を約束してくれる数少ないラーメン店かと思います。

ノーマルな醤油らあめんが830円。だいたいの店だとこの値段は割高に感じるものですが、ここに関してはそれに見合っただけの満足感が得られる、と自分は感じます。どれだけのこだわりがこの一杯にこめられてるのか想像がつきません。

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4081-1
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 01:36| Comment(0) | 横浜市戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする