2015年05月19日

より現代的な「春木屋」@つばめ 中目黒

つばめ.jpg

春木屋たんたんが移転のため閉店してから困っていました。近場に春木屋を感じれる店がなくなってしまったので。ここにも初めて訪れてから2回くらい移転前の店に行ったのですが2回とも振られており、そのとき既に移転の準備をしていたのかもしれませんね。


完全に昼時を外した時間に入店するとまさかのノーゲスト。まだこの場所が浸透していないのでしょうね。注文は連食予定なので香油雲呑中華そばを並盛で。やや時間があってラーメンが届けられました。ん、微妙に移転前とは変化が見られる。三つ葉の下に刻み玉ねぎが増えているのと、チャーシューの上に食べるラー油みたいなのがある。これは楽しみ。


では、さっそくいただきます。やはりスープのベースには修行先である春木屋の遺伝子を感じる。豚中心の動物スープに丁寧にとられた煮干出汁が加わり、かなりの量のラードがそれに蓋をする。香ばしさをまとう醬油ダレの味わいも実にイイ。移転前に食べたものと比べると刻み玉ねぎの清涼感が加わったのとニンニクの風味を感じるようになったのが相違点でしょうか。卓上におかれた山椒いりの胡椒も味変アイテムとしてとても効果的。

麺に関しては以前は大栄食品と書かれていた箱もあったようですがこの日は麺箱に春木屋より、とかかれていたものが使われていました。恐らく春木屋の自家製麺なのかと思いますがこれもやはり美味かった。メニュー名にあるワンタンも絶品ですし、メンマ、チャーシューの出来もなかなか。以前より更に美味しくなった印象を受けました。


総じて春木屋のニュアンスを感じつつもより現代的で立体的な一杯に仕上がっているように感じました。
めんめんが去った今、春木屋の遺伝子を感じれるこの店は非常に貴重な存在なのではないでしょうか。
多分今後も通います。

東京都目黒区青葉台1-28-7 セブンスターマンション第一青葉台 1F
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 04:38| Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする