2015年09月07日

味変不要の徳島ラーメン@中華そばJAC

じゃっく.jpg

好きなご当地ラーメンは?と聞かれたらまず自分が頭に思い浮かべるのは和歌山ラーメンと尾道ラーメン
です。ただ、今回ここで食べたラーメンのおかげで今後は「徳島ラーメン」もそのラインナップに加わってきそうです。


昼時に行くと席は満席。ただ、入れ替わりのタイミングだったようで1分も待たず着席。中華そばの大盛りをオーダー。小市民なので無料の生卵もお願いした。ややあって配膳がなされました。具材はモヤシ、メンマ、青葱、豚バラ肉といった構成。スープの色みがすっごい・・そそる。。


さっそくスープからいただきます。ウマッ!!というより凄い自分の好みにぴったりなスープです。醤油の主張が強くどこかクセを感じるタレの感じといい、ほのかに獣感を残しつつ旨みたっぷりなスープといい、好みは分かれるタイプだと思うのですが、ご当地系ラーメンの一言で片付けられない力強さを感じさせてくれます。


麺は中細のストレート麺でやや固めの仕上がり、歯ごたえがしっかりあり濃厚なスープに負けずこの一杯をしっかり盛り立ててくれます。加えて和歌山ラーメンにもいえるがこの系統のスープと青葱の相性の良さは最高。豚バラ肉もなかなか美味しかったです。


総じてドストライクな最高の一杯だったわけですが、デフォの状態のスープがドストライク過ぎて生卵を投入したことを後悔しました。独特のクセはまろやかになり、パンチがあるスープがおだやかになり魅力を損ねてしまいます。某チェーン店のように可もなく不可もなくなスープなら味変も+にとらえられるのですが、完成度の高いスープの前では時にして味変は不要なのかもしれませんね。


徳島ラーメン、いいですね。。

東京都杉並区高円寺北1-4-12

[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 22:25| Comment(0) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

長く恋焦がれた一杯@春木屋 荻窪本店

はろき.jpg

東京メトロ食べ歩きの旅第三弾。いや、訂正。食べ歩きという言葉は正しくありません。ラーメン博物館の春木屋で感銘を受けて以来、この荻窪の本店で食べるのをずっと心待ちにしていました。自分の中では「聖地巡礼」の旅というのがしっくりきます。


荻窪駅から歩いて3分くらいだろうか。大きな通りに面しているのでさほど迷わずにたどり着くことができた。ラー博で昔の店舗の写真とかをみていたので建物自体相当古いのかと思い込んでいましたが、流石にそんなことはないみたいですね。ただ、店内にはほどよい緊張感が流れ、厨房にいる男性からは職人の香りが漂ってくる。以前masa@連食★脱ラオタ完了さんのレビューでラーメン店のご主人のタイプの話しがあり興味深く拝見させていただいたのですが、このような職人タイプの方って随分減ったように思えます。ただ、このてのタイプの方がいる店でハズレを引いた覚えが僕にはありません。


そして、春木屋の特徴として接客の良さもまた魅力的だ。これは「ラー博店」でも「めんめん」でも同様で接客時はどこかやわらかさを感じさせる。そして、この日は暑い日だったこともあり、僕も他のお客さんも水の減りが早かったが、それを見逃すこともない。単純なことだけど、それらをしっかりできているからこそ店が長く続いているのかな、と思えました。


注文は「中華そば」にしましたが待っている間にも煮干の良い香りがふんわり飛んできて3軒目だというのに食欲が衰えません。もちろん麺あげは平ざるでおこなわれる。その動作が丁寧かつ実に鮮やか。
この日一軒目で食べた「はなび」はあえて麺肌を傷つけることをポイントにしていましたが、ここ春木屋はいかに麺肌を傷つけないかということに明らかに重点を置いている。そうこうしている間に待望の一杯が届けられた。海苔にチャーシューにメンマ、なんてことのないビジュアルですが神々しさを感じずにはいられません。


ではスープから。かなり多めのラードで蓋をされたスープは熱々の状態。動物系は鶏と豚で構成され、苦味、エグみなど微塵も感じさせないふんわりした煮干の風味がしっかりと感じられる。醬油ダレは丸みを感じるタイプのもの。「めんめん」はややスープに酸味を感じたがその点は違うようだ。あえて苦味、えぐみを出す煮干の使い方も今は浸透してきているが、あくまで風味と香りの良さだけを引き出し、スープの下支えとするこの春木屋のような煮干の使い方はやはり1つの完成形かと思います。


そして麺。中太の縮れ麺なのですが日本蕎麦のような風味がありかみ締めるほどに甘みを感じる。
3軒目ということで並盛にしたがこの麺をもっともっと味わいたい、そんなきもちにさせてくれました。トッピングにおいては甘めの味付けのメンマは好きなタイプでこのラーメンにはよく合っていましたが、チャーシューは貧相で、「めんめん」、「ラー博店」と比べ明らかに劣っていたのは残念な点でした。ただ、ここには載っていないワンタンと味玉も他の店で食べた感じだと相当絶品なはずなんですよね。。


日本でも屈指の老舗ラーメン店といえる「春木屋」だがクラシックな香りを漂わせながらもその実は現代に通じる旨みや引きの強さを兼ね備えている。これは長年通う人も多いはずです。正直、感情を点数に反映させると100点です笑
地球に生まれてよかった。。


東京都杉並区上荻1-4-6
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 10:49| Comment(0) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする