2015年06月10日

味噌と煮干しのせめぎあい@miso style となみ

とな.jpg

遠足の前日眠れない。。若かりし頃そんな思いをした方は多いのではないでしょうか。この日は初の埼玉遠征。久しぶりに忘れていた感覚がよみがえったのでした。経路は京浜東北を経由することも考えましたが、「東急東京メトロ」のフリー切符を購入し、和光市駅から東上線、武蔵野線に乗り換えるというルートを選択。


さてさてやってきましたのは味噌がウリの話題店「miso style となみ」。恥ずかしながら出身店の「狼煙」は未食なのですが、「くるり」はかなり好きな味噌らーめんの1つでしたのでおのずと期待が高まります。開店直後に訪れるとすんなり席に座ることができました。


調理は中華鍋を用いたスタイルで、さっと野菜を炒めスープを投入、そこに味噌を溶かしながら焼きを入れていきます。1つの中華鍋で見た感じ3杯まで同時に調理し、もう1口のコンロも駆使し合間を見て次の調理の準備も行っている。かなりオペレーション大変でしょうね、これ。


ほどなくして配膳。見るからに濃度、粘度ともに高そうなスープです。具材はチャーシュー、ネギ、糸唐辛子、メンマ、炒め野菜、キクラゲが乗る。ではさっそくスープから。先人の方々のレビューにもあるようにそこまで味噌は前に出てきていない印象。くるり出身と聞いたら確かにもっと味噌が前に出たものをイメージしてしまいそうですが、味噌はしっかり効いているもののむしろ煮干しのほうが俺が主役だ!とばかりに主張している。ただ、鶏の動物出汁がしっかり下支えしているせいかこの味噌と煮干しがケンカせずにいい感じにバランスを保っています。味噌は酸味を感じないマイルドなものでこれまた好み。芝麻醤を加えたような香ばしさコク深さも加わってクセになるスープに仕上がっています。


麺は自家製の中太麺でモチモチガシガシした食感が魅力的。粘度の高いスープとあって執拗に麺とスープが絡みこれまた魅力的なコンビネーション。具材はモヤシのシャキシャキ具合がいいですね!かなり濃厚系の味噌だけにこれがクタクタの茹でもやしなのとは大きな違い。キクラゲは食感がよく割りと自分は好き。栄養価が高く健康に良いといわれる食材だけに塩分、油分の多いラーメンにはあって困ることのない食材かもしれません。


総じて割りと自分は本来味噌が前にでた味噌ラーメンが好きなのですがかなりツボにきた一杯でした。味噌ラーメンというよりは「ニボ味噌」って感じですが、出身店の模倣に収まらず(狼煙の味噌はどんなのかわからないですけど)、あえて独自色を強めた味噌を出してきたあたり、今後展開されるメニューも是非食べてみたい、と思わされました。


好き嫌いはあるのかもしれませんが自分は神奈川から遠征してきた価値が十二分にあったと感じました。


埼玉県さいたま市桜区田島5-22-26 サンシティ西浦和105
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 16:48| Comment(0) | 埼玉県さいたま市桜区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする