2015年06月11日

不思議にあっさり食える鶏白湯@打立て自家製麺 ラーメンK

けええ.jpg


となみに続いて連食。せっかく埼玉まできたのですから1軒だけでは終われません。今回東横線から和光市、朝霞市というルートを使ったため朝霞市内の店をリストアップ。瑞山、中華そば幻六と迷いましたが打ち立て自家製麺というワードに惹かれこの店に行くことに。


先人の方々のレビューをみるにワンタンメンが美味しそうに見えたのですが、直前に食べた「となみ」の味噌らーめんが並盛でもかなりボリューミーだったためノーマルな正油ラーメンを選択。麺は茹でる直前に機械で切り出しているんですね、これは珍しい。麺は熟成させたほうが美味いなんて話も聞きますが、あえて打ちたてにこだわっているあたり非常に興味深いです。


さてさてほどなくしてラーメンが配膳されました。具材はチャーシューが3枚に海苔、穂先メンマ、白ネギといった構成。スープは丸鶏ベースで魚介も使われているとのことです。ではさっそくスープから。鶏の旨みがしっかり抽出されたスープは序盤ややオイリーに感じる。これは後半もたれるかな、と思ったのですがこれが案外スルスル食べ進めることができる。調味油のようなものをかけていましたが、このスッキリ感はそこらへんにもポイントがありそう。また魚介も合わさっていることによりしつこさが軽減されている印象ですね。


麺は中太のストレート麺で硬めの仕上がり。打ちたてということでもっと粉っぽさを感じるのかなあ、と思ったが駄舌のためわからず。ただ、コシが強く美味しい麺なのには違いありません。具材では穂先メンマが美味しかったですね。3枚入ってるレアなチャーシューもなかなか。横浜だと鶏白湯+魚介といった構成のラーメンは浜虎でいただいたことがありますがもっと味がはっきりしていて美味しいけどやや後半もたれる印象でした。が、しかしここは最期まで美味しくいただくことができました。隣に座っていたのがかなり高齢のおばあちゃんだったのですが、スープを8割方のみ干していたのもうなづけるところです。


また、ご主人がお客さまに麺の固さは大丈夫でしたか?など声かけをしていたのが印象的。スタッフさんの帰り際の挨拶もしっかり顔を見て笑顔での対応でしたし、しっかり1人1人のお客さんの顔をしっかり見ていることにとても好感を持ちました。ラーメンの美味しさも大事ですが、このような取り組みが店の人気につながるのだと思います。


美味しい鶏白湯に舌鼓をうち店を出ました。その後日吉であった人身事故の影響で埼玉から帰ってくるはずだったのに大宮行きの電車に乗ったりというオチはつきましたが初の埼玉遠征はとてもいいお店に恵まれたかと思います。


埼玉県朝霞市三原3-1-30 ステラ1F
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 00:58| Comment(0) | 埼玉県朝霞市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする