2015年10月18日

ラーメンにおける新機軸?@新宿御苑 らーめん桜花

ごぜん.jpg

気になっていた店にようやく訪問。
店につくと観光客と思われるイスラム圏っぽい方々の団体さんおられました。
その方々に続いて入店すると何故かジェスチャーで対応される。私は日本人ですがなにか?


という気持ちになったのはさておいて、御膳ラーメンの大盛りを選択。こちらビーガンラーメンなるものが存在するんですね。最近はラーメン博物館でも観光客向けにベジタリアン向けラーメンが出されていますが、近年東南アジアからの旅行者などがとても増えてますしそれなりの需要があるのでしょうね。


ややあって配膳がなされる。写真は撮り忘れましたが具は後ほどグリルチキン、たまご、ヤングコーンが別盛りで提供されました。ではさっそくスープから。鯛出汁をメインで使ったラーメンは鎌倉の「かわかみ」、武蔵中原の「西国や」くらいで経験は多くないですが、じんわりと体にしみわたる出汁感がなんともいいですね。トマトの風味もしますが、思っていたほど洋風には寄っていない印象を受けました。スープをそのまま飲むとやや物足りなさを感じますが柚子のエスプーマソースが溶けていくにしたがってちょうどいい塩梅に落ち着いた感じですね。

麺は中細のしなやかで歯切れよく風味豊かな麺です。神奈川新町時代も麺がとても美味しい印象はありましたが、この麺も負けず劣らずでスープがやや薄味な分、麺の力によりかなり一杯のクオリティが高められているように感じます。具材でいうとグリルチキンが抜群に旨いですね。単純な鯛出汁のラーメンならグリルチキン合うか微妙かもしれませんが、トマト風味がついていることでラーメン自体にもよく合っています。

ラーメンと一緒にでてきたご飯は具材を混ぜ合わせそのままいただいても十分に美味しいのですが、残ったスープを入れるとなんとも贅沢なお茶漬けが完成。ラーメン単体で1000円超えるのは高いですが、お茶漬けもセットと考えるとそこまでの割高感は感じませんでした。

総じて麺のハイクオリティぶりや具のレベルの高や、一杯だけでなく一食を通しての楽しみといった点で値段に見合った満足感を十分与えてくれたと思います。
ただ、自分は前出のレビューなども拝見させていただきイメージはできていたためギャップは少なかったのですが、一杯のラーメンだけを食べにいく心づもりでは意表をつかれる可能性が高いでしょう。


ひとくちにラーメンといっても値段、味、材料、コンセプトなど千差万別ですがこちらのラーメンは新たなラーメンの方向性を照らした一杯といっていいかもしれません。

東京都新宿区新宿1-11-7
[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 22:45| Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

新宿煮干シリーズ第二弾@煮干中華そば 鈴蘭

鈴らん.jpg

新宿煮干シリーズ。
先日食べた玉五郎の他、百日紅、凪などでも食べたのですが自分はここの煮干しが一番バランス的にしっくりきます。



スープを一口飲むとやや苦味をまとった煮干しの風味が押し寄せてくる。動物出汁の助太刀もあってなかなかに強烈な煮干しの風味を嫌味に感じさせないバランス感がとても秀逸だと思います。ややオイリーで他レビュアーさんの記述によるとしょっぱいとの声も挙がっていましたが自分は気にならないレベル。むしろグイグイスープを飲み進めてしまいました。

麺は中細のパツパツの麺。やや固めの仕上がりで磐石の組み合わせ。具材ではここは穂先メンマが美味い。チャーシューはペラペラなのは寂しいがペッパーが効いておりこちらもいい。刻み玉ねぎの効能も見逃せないものがありますね。


780円という値段は決して安いとは思わないですが、新宿という土地柄とスープや具のクオリティを考えるとかなり頑張ってるほうではないでしょうか。デフォの中華そばもかなり好きなタイプのものだし、営業時間等の使い勝手の良さもあり今後こちらに来ることはかなり多くなりそう。


煮干しに特化しているという中野の店舗にも訪れてみたいものですね。

東京都新宿区新宿3-11-12 永谷テイクエイト102
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 00:09| Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

バランス型豚骨煮干@煮干しらーめん 玉五郎

たまごろ.jpg

新宿って煮干しをテーマにした店がやたらおおいですね。


こちらのお店もそんなお店の1つでニボ耐性を上げるが今年のテーマ(今思い出した)だった自分としては避けては通れぬ店です。初訪問ということでデフォの煮干しラーメンを注文。30円で煮干し増しなるトッピングもありましたがこの日はスルー。


ほどなくしてやってきたラーメンはメンマ、海苔、なると、チャーシューといった構成でチャーシューの上にはペッパーが散りばめられている。ではさっそくスープからいただきます。煮干しの効き具合はややライトでどちらかというと豚骨が主役のように感じるバランス型のスープとなっています。ハードニボがお好きなかたは煮干し増しをセレクトしたほうがいいかもしれません。


麺は麺肌なめらかなプリプリした食感が特徴の中太麺で茹で加減はちょうどいい感じ。煮干しラーメンにこういう麺を採用しているところはあまりない気がしますがこれはこれで結構いい。具材においてはロースのチャーシューはなかなかおいしかった。


中毒性はやや乏しいですが、案外にすっきりと食べれ万人が美味しく食べれる一杯だったかと思います。
次回来店の際は煮干し増しにチャレンジしたいと思います。

東京都新宿区新宿3-31-5 新宿ペガサス館1階
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 22:49| Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする