2015年06月13日

奇想天外な味変@無銘

ねりん.jpg

神田遠征2軒目はここ「無銘」。元々課題店の多い神田エリアですが、実はこの日の遠征先を大井町にするか高田馬場にするかそれとも神田にするか迷っていたのですがsaimaさんのレビューに後押しされる形で神田に行き先をきめました。
なんでもここの醤油ラーメンには練り醤油とかいう独自の調味料が添えられているということでワクワクがとまりません。


商売っ気を感じない外装からここかどうか不安を感じながらドアを開けると、そこは確かにラーメン屋。ただ、ちょっとピークを外していることもあってかなんとノーゲスト。
下手したら並ぶかと思ったのですが、さすが激戦区だけあってかなりお客さんが分散されるのでしょうね。

当然、あっというまに注文したメニューが目の前に現れる。
そして、紙エプロンはご利用になりますか?とのアナウンス。
丁重にお断りしましたがサラリーマンの方も多いエリアなのでスーツとかに油はねると後々面倒ですし、そういう心配りには感心します。

ノーマルなラーメンですが野菜も多く色鮮やか。
スープを一口。ほんのり塩味のついたシチューのような感じ。このままでもそれなりに美味しくいただけるがこのいかにもパワフルな平打ちの太麺にはこの状態では太刀打ちできそうもない。徐々に練り醤油を溶かしていく。

魚介がふんだんに含まれているであろうこの練り醤油を溶かしていく過程で洋風、和洋折衷、和風といった変化が楽しめる。
そして、その過程で甘〜いキャベツを食べることによって凄い舌が休まる。特に後半戦はかなり濃いい一杯へと変貌するので、キャベツさんまじはんぱねえっすと思うくらいいい仕事をしています。
そして、濃ゆ〜くなってくるに連れこのパワフルな麺が真価を発揮していく。

どなたかのレビューにご主人はイタリアン出身だと書いてあった気しますが、気のせいかこの麺にもパスタっぽい風味を感じますね。個人的にこの麺がめちゃくちゃヒット!是非つけめんでこの麺を楽しみたいと感じた。

正直全てがハイレベルでちょっと感動してしまった。
味変に関しても、店によってはエンターティメントが重視されているのかわざわざ変えなくてもいいんじゃないかな、と思うことが度々あるのですが、ここの練り醤油による味の変化は楽しさと美味しさを両方兼ね備えている。

近いうちにこの界隈でもトップクラスの人気店になってもなんら不思議はないかと思います。

東京都千代田区神田東松下町49
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 10:26| Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする