2015年06月13日

家系のサラブレッド@奥津家

すずきやん.jpg

雷一家を後にし、次に向かうは八王子系の名店よしいち。
雷一家から距離も近く八王子系は初だ。胸が高鳴る。
が、しかし臨休。ここでフラレ属性が発動するとは・・・
近くの山猫亭も本来ならやってる時間だが看板のペンキを塗り替えており営業していないようだ。


・・こういうときは歩くに限る。相模原も町田もラーメン店凄い多いイメージだから
歩けば棒にあたる感覚でいい店に出会えるさ!と思い(安易)町田方面に向かって徒歩。
途中、5軒くらいラーメン店はあったが、4軒は営業しておらず、1店はアンテナが反応しなかった。
が、しかし古淵駅からさほど遠くない場所でこの店を発見した。寿々喜家出身のここ「奥津家」である。


とりあえずラーメンを並でいただく。やはりこの系統らしくご主人は腰が低く接客もやわらかい。
昼時をかなり外れておりすぐに注文の品が提供された。ではスープからいただきます。なんだろう、このすっきりした飲み口は。。別に出汁感が不足しているわけではないのでライトっていう表現は相応しくないんですが、無駄なギトギト感やしょっぱさが無くスルっと食べれる。他の方のレビューを拝見すると香味野菜が効いているというようなことが散見されたが、それに加え他の家系より昆布出汁がしっかり効いているように思えました。


麺は酒井の中太麺でこれは触れる必要を感じないほどベストマッチ。硬めオーダーはしなかったですが
しっかり歯ごたえも残した仕上がりで流石の美味さ。ただ、チャーシューはまだしもほうれん草がすりきれた味気のないものだったのは残念。ただ、それを加味しても最高のバランス感をもった寿々喜家出身者らしいラーメンだったかと思います。


家系ラーメンの店において吉村家認定の「直系店」というのはなによりの美味さの証明であるわけですが、「寿々喜家出身」というのもかなりそれに近い意味合いを含んでいるように感じます。この系統制覇するのもなかなか面白そうですね。

東京都町田市木曽西1-1-21
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 10:32| Comment(0) | 東京都町田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする