2015年06月18日

ラーメン不毛の地から激戦区へ変わりつつある南武線沿線

ラーメン激戦区。東京でいえば新宿、高田馬場、池袋なんかが有名ですが神奈川にもいくつかの激戦区があります。六角橋エリア、反町エリア、第一京浜エリアなど多くの人気店が密集している神奈川区。不思議と味噌ラーメンが美味い店が多く大御所関内二郎もある関内。玉グループが実効支配(?)しながらもフードコートとは思えないクオリティのラゾーナを抱え、ちょいちょい活きのいい新店が登場する川崎、そして以前に記事にもした比較的新興勢力の多い戸塚等が挙げられるかと思います。


そして今また新たな激戦区が生まれようとしています。毎月のように話題の新店が登場する神奈川ですがここ最近のJR南武線の沿線地域の充実っぷりには目を見張るものがあります。2,3年前の時点ではこの沿線はむしろラーメン不毛の地といった印象がつよかったのですが、あれよあれよといううちにいくつも話題の新店が登場しています。


まず尻手の「いのうえ」を抜きには語れないでしょう。川崎では「利八」の人気は完全に板についてきた印象です。鹿島田の「熱血流 俺のラーメン TETSUTANI」は今後より人気に火がついていきそうな感じ。これらの店より知名度は劣るが武蔵中原の「西國や」は無化調ながら非常にクオリティの高いスープが印象的で一足先に人気店となった同じ尾道ラーメンを出す「太華」とは方向性が全然違うながら甲乙つけがたい店かと思います。


まとめ内ではとりあげなかったですが、武蔵新城の「ぶかる」、矢向の「鶏そば一丁」鹿島田の「ぼんくら」溝の口の「ななほし」もレベルの高い店かと思います。


なにより今は「麺小屋てち」が武蔵新城で6月末にオープンするというのがこの界隈のラーメン好きにとってのトピックでしょう。従来神奈川にはほぼ存在しなかったオリジナリティの高い濃厚味噌がどれだけ多くの人の心と胃袋をつかむのか楽しみなところです。

http://matome.naver.jp/odai/2143451234259307601


posted by anpeppe at 02:39| Comment(0) | NAVERまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする