2015年12月30日

羽釜が生み出す濃厚スープ@麺家一族

かぞく.jpg


面白そうな新店ができたと聞いて来店。


壱六家出身の濃厚な豚骨醤油とのことで、大和の「ゆうちゃんラーメン」を思い出した訳ですがそちらのオープン当初、開店から早い時間はスープの濃度が足りてなかったのを思い出し、この日はあえて夕方に来店。流石にこの時間店内はすいている。


注文はラーメンの中。お好みも聞かれたが特になしで。キッチンには羽釜が鎮座しており、いかにも濃厚豚骨を出しそうな佇まいを見せている。そうこうしているうちに配膳。待望の一杯と対面した。海苔、ネギ、青菜、ウズラの卵、チャーシューといった構成で修行先を踏襲したビジュアルだが、スープの色みは似てもつかない。


ではさっそくスープから。
・・噂に違わぬ濃厚さですね。粘度はそこまでではなかったですが、豚骨の旨みが押し寄せてくる動物系の濃度がしっかりと味わえるスープ。臭みは少なく案外に飲みやすい。醤油ダレは尖りこそないもののしっかり効いておりスープに輪郭を与えています。


麺は家系らしい中太麺でやや柔めの仕上がり。壱六家出身というのと麺の食感からすると長多屋製麺でしょうかね。全然悪くないんですが、これだけストロング系なスープだとちょっと力不足かも。関内にある熱血らーめん in Yokohamaで使っているようなしっかりとした歯ごたえのある力強い麺と合わせたときどうなるのだろう、というのが気になるところ。具材に関してもあまり印象に残らなかったのでそこはブラッシュアップを期待したいです。


総じてドッシリした動物の旨みたっぷりの魅力的なラーメンでした。スープの完成度はかなり高かったので全体のバランスがもう少し整ってきたとき動物好きが昇天するレベルのラーメンになるのではないかとすら感じさせてくれました。


家系ラーメンを語る上で壱六家系は時に傍流と侮られがちですが近年、出身者が次々と魅力的なラーメンを生み出しているのが印象的です。いちラーメン好きとしてはこの流れは嬉しい限りで今後もラーメン業界を盛り上げてくれるのではないでしょうか。


また、近いうち訪れたいと思います。


神奈川県横浜市南区庚台22
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 18:33| Comment(0) | 横浜市南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする