2015年07月08日

二郎と双璧の最強チェーン@天下一品関内店

てんい.jpg

最近ちょいちょい関内エリアで仕事があります。
本来ならばラーメンの選択肢も広い場所なのですがこの日は仕事が終わったのが0時過ぎたころ。
流石に直帰しようと駅に向うと次の電車の蒲田行きまで待ち時間が20分以上ある。あれ、これラーメン食いにいけるんじゃね・・?
僥倖・・・っ!!なんという僥倖・・っ!!!


というわけで明日が休みだったこともあり天下一品関内店にやって参りました。神奈川では大船店、川崎店、こちらで食べたことあるんですが、その3つの中では一番ここが美味い気がする。そもそもセントラルキッチンなのに、なんでそんな違いが生まれるのかよくわかんないですけど、妙に天一って店舗ごとにブレがあるんですよね。


頼んだのはもちろんこってりの大。そしてもちろんニンニク薬味も持ってきてもらいます。調理待ちが他に無かったためか光の如き早さで配膳がなされました。まずはニンニクを入れないでスープだけ。うん、やっぱこのスープ好きですわ。。ただ、ニンニク薬味を入れてこそその真価を発揮できるというもの。二郎などではニンニクの量は控えめで食べるのですがこちらではアグレッシブにニンニク薬味を投入します。究極完全体になった天一のスープはやはり美味い。


麺に関してはこの系列の割りに硬めな仕上がり。なんかデフォでやわめに仕上がる店が多い印象なのですがこの日はたまたまだったのでしょうか。粘度の高いスープによく絡むのはいつも通りでした。チャーシューは特筆すべきものはありませんが、これぞ天一って感じですね。結構腹が減っていたので豚キムチも頼んでおけばよかったとちょっと後悔しました。


石川町に住んでいたころは週一くらいで来てた時期もあったのですが、引っ越してなかなかこれなくなったのは残念なところ。でも、関内きて遅い時間になったら不思議とここに来たくなるのはその魔力故でしょうか。


十分美味しくいただけたのですが、やはり自分がこころから美味しいと思って食べていたのは仙台の天一なんですよね・・。仙台の天一は熊本の有名店「こむらさき」からも暖簾をわけてもらっていて、とても独自色が強かったのが印象的でした。ある店では土鍋を使ったラーメンを出していたり、ある店では味噌があったりだとか。しかもスープの濃度、粘度も関東にある店のものとは段違いだったように思えます。


いつか本店にいって食べるのが夢だったりします。。

神奈川県横浜市中区尾上町3丁目45番地 尾上町共同ビル1F
[ここに地図が表示されます]

posted by anpeppe at 01:55| Comment(0) | 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

焼肉屋でいただく煮干しラーメン@炭火焼肉 昇平

しょへ.jpg

実はここ結構前から気にしていました。
この日は本当は「おはな」に行こうかな、と思ってたんですが
通り道でチラっと横を向いた際、こちらののぼりを発見。千載一遇のチャンスとばかりに予定を変更した入店しました。


基本は焼肉居酒屋としての営業が主なのかお酒の入ったおじさまが数名おり若干アウェイな雰囲気ではありましたが、そこは負けない。醬油を大盛で注文。茹で麺機などはなく大なべで麺を茹でるようだ。そこまでラーメンを頼むお客さんはいないのか、お湯が沸騰するまでやや時間がかかり、そこそこ時間がかかったのちラーメンが到着した。正直いってやや見た目は貧相だ。特に短めの茹でもやしはなかなかラーメン専門店では見ない気がする。


ではスープをいただく。・・・・!! 
美味い。醬油ダレ自体もやや甘みがあり香ばしい出来のいいものだが出汁がいい。
意外にしっかり効いている煮干に加え甲殻類の風味も漂う。恐らく海老でしょうね。
それ以外外にも拾いきれない魚介の風味がなかなかに豊かです。
ラードでスープが蓋をされており最後までアツアツでいただけるのは嬉しい。


麺は加水低めの中細の縮れ麺。それこそ昨日食べた西山製麺の麺にちょっと似てる気がするが、
スープの相性は悪くない。具材においてメンマ、茹でモヤシこそ特徴は感じられないですが、チャーシュー、、というか肉は焼肉屋だけあって美味い。


魚介好きなのでここのスープはなかなかにツボだった。どこか垢抜けてない部分もあるのですが藤沢駅近辺に限れば相当好きな部類に入る。
正直ご主人かなりラーメン研究されていると思いますよ。これは再訪せざるを得ません。

神奈川県藤沢市藤沢540-13
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 08:41| Comment(0) | 藤沢市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅草開花楼でいただく純すみ@らーめん福籠

ふかあ.jpg

怒涛の味噌レビューシリーズ。この日は東京は浅草橋へ。以前、東急線と東京メトロが載り放題になる東急東京メトロパスでの食べ歩きを敢行しましたが、この日は都内の京急線、都営線と一部バスが載り放題になる「東京1DAYきっぷ」を使っての食べ歩きにトライ。そのときそのとき気になる店の場所などに応じて東京メトロパスと使い分ければ、かなり幅広く探索ができそうです。


それはさておきこちらは前情報によると純すみ系の店だとのこと。否がおうにも期待が高まります。
ランチタイムは大盛が無料ということで欲張って大盛にしてしまいました。もちろんセレクトは味噌で。他のお客さんみてると結構醬油の割合も多い。なにげにこの系統は醬油も人気あるんですよね。


ほどなくして配膳がなされる。具材はネギ、メンマ、炒めもやしとシンプルですがこの系統でチャーシューが載っているのは嬉しいですね。麺は森住ではなく浅草開花楼のようです。ではさっそくスープを。スープを口に含んだいなや、表面にたっぷり浮かんだラードが口内を攻撃してくる!織り込み済みでしたがなかなかの攻撃力です。加えてしっかりと焼かれた味噌の味わいがあり、山椒やペッパー類で調味されたスープは実にスパイシー。更にチャーシューの上にあるおろししょうがを溶かすと更にパンチが効いてくる。ただ、麺に合わせてるのか地域に合わせているのか、ブレなのか、きもち味噌の味わいが軽い気はする。食べ慣れていない方にとっては十分濃いい味噌ではあるのですが。。


続いて具材ですが純すみ系はバラロールの煮豚をつかっているとこが主だと思うがここも例にもれず。やわらかく煮込まれたなかなかに美味いチャーシューだ。メンマは本家に比べると若干味付け薄め?
あまり印象に残らなかった。麺は中細のかるく縮れたタイプで北海道の卵麺をかなり意識してつくられておりこれはこれでいいかも、とは思わせてくれたがストロングポイントには成り得ていなかったかと。やはり森住の特注麺のゴムのようなコシの強さやスープとの絡みのよさは唯一無二なのかも。ただ、空輸にお金がかからない分この系統では価格安めですし、ランチタイムの大盛というサービスも打ち出していることから、この麺の変更によるコスト的な+面はかなり大きいのかもしれない。


麺の好みはあれど美味しい味噌ラーメンでした。


東京都台東区柳橋1-13-4 丹羽ビル1F
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 08:17| Comment(0) | 東京都台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

奇想天外なラム羊ラーメン@自家製麺 MENSHO TOKYO

めんしょ.jpg

東京1DAYきっぷでの旅2軒目はこちら。
noさんやsaimaさんのレビューでとても気になっておりました。地元の札幌はしゃぶしゃぶをする際ラム肉を使うなど羊はかなり身近な食材ですが、ラーメンに使うケースはまだそこまで多く見られないですよね。


とりあえず基本メニューっぽいラム豚骨らーめんをセレクト。他の方のレビューでも触れられているので割愛しますが卓上調味料がすっごい個性的。あと製麺室がガラス張りでも丸見えってのが面白いですね。そうこうしているうちに注文の品が届けられました。


具材はチャーシュー、わけぎ、かぼす、ラム肉の刻んだものが載る。ふりかけられている粉末はなんでしょうね、これ。ではさっそくスープを。・・なんかファーストアタックでミスドで感じたことのある風味が広がる。。これシナモン入ってるのかな。続けて動物系スープが攻め立てる。もっとクセのある感じだと思ったけど案外飲みやすい。ただ、やはりスープの食感は独特で好みは分かれそう。後味にはお茶のような風味が。。トッピングにほうじ茶やらなんやらもあるし何入ってても驚かないですね、これは。。


麺は中細ストレートでパスタ用の小麦が使われているとのこと。神田の無銘で食べた際にも思ったけどこの系統の麺は濃厚な白湯スープにはよくあう気がします。風味豊かで歯切れもいいすばらしい麺です。具材ではチャーシューが美味しかったですね。特にラムチャーシューの刻みがイイ。今度きたときは増しにしたいですね。


味変ではカルダモンの合わせ酢を投入。なかなか食べやすくなった。
個人的にはなかなか美味しい一杯ではあったのですがシナモンの風味やらお茶の風味やら不協和音ギリギリの味の組み立てをどう感じるか、かと思います。ベースの羊の味がしっかりしていた印象だったのでもうちょい変化球少な目の構成で食べてみたいと思ったのが正直なとこです。


麺もスープも具材も個々のパーツは凄いレベルが高いと思いますので今後のブラッシュアップに期待したいと思います。

東京都文京区春日1-15-9
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 11:47| Comment(0) | 東京都文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

食べ応え抜群の濃厚味噌@麺小屋てち

てええ.jpg

プレオープンの日は仕事でいけなかったためようやく訪問。
店に着くと既に並びができている。席につくまで20分くらいかかりましたがそこからラーメンが出てくるまではあまり時間がかかりませんでした。


ぱっと見た限りくり山での限定営業の時と比べて変更した点といえば大根と人参を細長く切ったものが載っているくらいでしょうか。ではさっそくスープから。粘度、濃度ともに高めの味噌が前にでたスープとなっています。甘みを感じるタイプのもので自分はこういうタイプの味噌も好きですね。


麺は中太のストレート麺で力強く絡みが良い麺。スープを絡めとってよくもちあげてくれます。非常に美味しい。野菜に関してはやはり紫玉ねぎの効力が抜群。大根と人参もそれなりに作用していたと思います。具沢山なので並盛でも十分お腹が膨れるボリュームですね。


また卓上調味料のセレクトもいい。七味、花椒、ブラックペッパーなどがあるが、味噌の甘みが苦手な方はブラックペッパーや花椒をひとふりすることによって引き締まった味が楽しめるのではないかと思います。


総じてボリューミーで引きの強い魅力的な味噌ラーメンだったかと思います。ともあれ神奈川は味噌が美味しい店が少ないのでこちらの店には頑張ってほしいところです。


神奈川県川崎市中原区新城4-4-15 森善ビル101
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 14:28| Comment(0) | 川崎市中原区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

チェーンと侮ることなかれ!@ラーメン大桜東神奈川店

おうざ.jpg

最近なにかと熱い東神奈川駅付近。
いつも夜遅くまで賑わっているのがこの「大桜」です。
家系にありがちなスープの出来、時間帯による濃度の違いなどは結構激しいものの深夜帯でも安心して食べれる家系の店の1つです。

しかし、邪道といわれようが自分はここの店の「味噌」が好きだ。
「松壱家」なんかもそうですがマイルド系や壱系のスープには味噌がよく合うと思う。
味噌の甘みや、ほどよいしょっぱさが家系のスープとあいまってなんとも癖になる味わいをかもし出すのです。

どろっとしたとろみのあるスープに、もやし、コーン、めんま、焦がし葱などが浮かび、挽き肉が沈んでいる。ビジュアル的には札幌味噌ラーメン的なニュアンスを感じないでもない。そして、ちと調べたんですがこの焦がしネギを使っているのはこの東神奈川店だけなのかな?他の系列店ではこの黒い塊が浮かんでいる写真は見当たらなかったように思います。

ただ、この焦がしネギが実にイイ。味噌自体の風味はそんなに強くないのですが、焦がしネギのほろ苦い味わいがアクセントになってスープを中毒性のあるものへと変えている。で、こんなとろみのあるスープなわけですから太麺との絡みも非常にいい。そんな個性的なスープに負けないためには麺の固め指定があったほうがより美味しくいただけるかもしれません。

もちろんこの味噌ラーメンが美味しいのも元のスープがある程度しっかりしているからだと思います。
店舗数の多い家系チェーンの1つですが、使い勝手のよさもあり、各地で愛されている理由がなんとなくわかります。

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-7-10
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 22:45| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

最後の一滴まで美味しい坦々麺@あかくろたんたん

あかく.jpg

久しぶりの来店。フェイスブックで新しい塩ラーメンを試作中のようですが、まだメニューとしてお目見えはしていないようです。ホンビノス貝を佃煮にしたものを用いているとのことで登場したら是非試してみたいところ。


というわけでいつも通り赤たんたんの汁ありを大盛り、辛めでオーダー。こちらの店はエアコンが一台あるのですが、去年までは席によって死ぬほど暑かったのですが扇風機でエアコンの冷気を拡散するようになってかなり快適度が増した。そうこうしているうちに注文の品が届きました。


具材に関してはいまさらではありますので割愛しますがいつもは小松菜が入っているところ、青梗菜が入っているのは仕入れの問題だったのでしょうか。ではさっそくスープから。・・相変わらず美味い。。恐らく干し海老かなにかを使っているかと思うのですが、開店当初よりしっかり味が出ているような気がします。動物出汁が前にでてこないため「濃厚」とか「パンチ」がどうこうというのはあまり似合わない一杯ですがじんわりと、しっかり美味い。もちろんラー油の上質な辛さ、山椒の刺激的なシビレ感も健在です。


麺は中太のやや縮れた麺できもち柔めの仕上がり。プリプリ感が特徴的です。具材においては茶色っぽい四川の漬物とナッツが良いアクセント。青梗菜も悪くはないが小松菜と比べるとベストマッチとはいえないのが正直なところ。是非次食べるときはいい小松菜が仕入れられるといいですね。


ここで初めて食べるまでは坦々麺ってジャンクなイメージが強かったのですがスープまで美味しくいただけて食後ももたれない点などやはりこの界隈ではとてもお気に入りの店の1つであることを再確認しました。営業時間が短くなって行きにくくなりはしたものの、また近いうちに食べにいきたいと思います。

神奈川県横浜市神奈川区新町2-2 クリオ神奈川新町壱番館
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 20:33| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌と魚介のハーモニー@中華そば しんの助

しんなあ.jpg

先日reiさんのレビューを見てここの味噌が気になっていました。
思い立ったが吉日、ということでさっそく来訪。


味噌ラーメンはバター入りとチーズ入りの2種類がありとりあえずバター入りを選択。
ただ、ラーメンにバターのっけるのあまり好きじゃないのでとりあえず別皿提供できるか確認してみる。快く承諾。ありがたい。


ほどなくして配膳された味噌ラーメンは白髪ネギ、青ネギ、メンマ、海苔、チャーシューが載るスタイル。ではさっそくスープから。以前デフォのラーメンもいただいているがそれと同様に鰹を中心とした魚介出汁の効きがとてもいいです。もちろん豚骨もしっかり主張はしているもののやや魚介が優勢。味噌は酸味が少なくそこまで前には出てこない。ここの味噌ラーメンは出汁が下支えしているのではなく前面に押し出た出汁を味噌をアクセントに食わせる、という印象を受けた。


麺は中太の平打麺でややウェーブがかかったもの。モチモチ感が味わえ非常にスープとの絡みもよく美味しい麺です。そして恐らくバターを溶かすにあたっての清涼剤として白髪ネギがあるのかと思うが、シャキシャキ感とさっぱり感がイイ。そして忘れていたがここはチャーシューも魅力的なんでしたね。ホロリとしたロースのチャーシューは実に秀逸。正直肉増しにしておけばよかった。。


難点をいうとバターに賛否両論が出る、ことだろうか。別皿にしたのは好みの問題もあるが魚介出汁にバターってどうなんだろ、、と思った部分もある。味噌が前面に出たタイプのものやジャンク感をウリにするタイプのものだとバターはこのうえなく効果的に作用するかと思うが、ここの味噌はしっかりとした出汁感がありバター無しでも既に完成している。試しにちょっとバター溶かしてみると確かにコクは増すものの魚介の風味がぼやけてしまう印象をうけた。故にすぐサルベージ。


自分はかなり味噌スキーなタイプだが、魚介出汁がしっかりでた味噌で美味しいタイプのラーメンというのはあまり出会ったことがなかった。しかし、ここの味噌は魚介と味噌の可能性を示してくれたように思えます。神奈川、味噌は不毛だと思ってたけど探せば美味い店結構あるようなきがしてきました。


神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4807
[ここに地図が表示されます]


posted by anpeppe at 03:48| Comment(0) | 横浜市戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

本領発揮の汁無し@キタノエビメン

エビメン.jpg

汁無しが登場したと聞いて再訪。豚親分時代もラーメンよりこういう系統のメニューのほうが好みだったので楽しみ。


画像では卵を載せた状態ですが提供時には殻付のままセパレーターと一緒に提供。こちらで割るスタイルのようです。具材は茹でたモヤシとキャベツ、ネギと和えた刻みチャーシュー。まぜまぜしてからいただきます。


タレはあっさりめのものですが混ぜ合わせた卵黄がいい仕事をしており箸が進む塩梅です。麺は中太の縮れの入った麺でモッチリ感のあるタイプのもの。タレとの絡みもよく美味しい。そしてネギと和えてあるチャーシューは赤みを帯びていたので、てっきり豚親分時代に出していた辛いネギチューシューの応用かと思っていたが辛味はほとんど感じない。ただ、元々チャーシューには定評のある店なのでこれも美味いですね。


本来であればお好みで入れられるニンニクを投入していればもっとジャンクさも堪能できたかと思うのですが諸事情でそれは叶わず。ただ、方針変更して恐らく今も研究中のエビメンと違い、汁無しのほうは豚親分時代から試行錯誤していた印象ですので流石に完成度はなかなかに高かったように思えます。既にこちらのメニューはバージョン2としてレギュラーメニューに昇格しているとのことで、更にはバージョン3も鋭意研究中とのことです。


ガッツリがメインの店ではなくなりましたがメニューの充実により親分時代とは違った魅力を模索していってほしいものです。

また食べにいきます。


神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-11-16
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 18:22| Comment(0) | 横浜市神奈川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茸と筍が織り成すノスタルジー@らあめん藤浪

ふじなみ.jpg

戸塚にできた新店に行って参りました。こちらなかなかハードルが高く最寄駅である戸塚駅からは2キロメートル以上あり土日休みの上営業時間は11:30〜13:30となかなかに短い。でも逆にそういうのそそりますよね。自転車で行くか戸塚から歩きで行くか迷ったのですがこの日は後者を選択。散歩も好きなので苦ではなかったのですが、これからの時期はちょっと暑さにやられそう。


店内に入ると蕎麦屋さんを居抜きで使ってる感じでカウンター席がなくテーブル席と座敷の席のみ。なんか落ち着く雰囲気です。とりあえず正油ラーメンを選択。ほどなく配膳となりました。具材は海苔、玉ねぎ、青菜、キノコ、筍、チャーシュー。ではさっそくスープから。


ややオイリーなスープは醤油ダレは控えめでまろやかなタイプ。塩分も低めで濃いいラーメン食べなれてると薄味に感じるかもしれません。ベースは恐らく豚かと思いますが、それよりも元々の出汁なのか具の影響なのかキノコやタケノコの風味がスープに入り交ざって煮物を食べてるような感覚になる。あんまり食べたことのないタイプのラーメンですが面白いですね、これ。


麺は中細の縮れ麺でプリプリした食感のもの。茹で加減はちょうどいい感じ。他のお客さんの食べていた普通盛りのものと比べてずいぶん麺の量が多いように思えました。具材は筍は味はほとんどついていなく素材を楽しむタイプのもの。噛みやすいように切れ込みが入っており丁寧な仕事が伺えます。キノコはスープがしみこんでおり美味い。チャーシューも驚きこそないものの肉厚で噛み応えがありなかなか。


総じてどこか懐かしさを感じるじんわり美味しい一杯でした。店内の雰囲気も落ち着きますし、地元の方々に愛されそうな雰囲気をとても感じました。


神奈川県横浜市戸塚区上矢部町213-10
[ここに地図が表示されます]
posted by anpeppe at 15:02| Comment(0) | 横浜市戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする